引き寄せの法則

ベーコン指数から学んだ問題を瞬時に解決する引き寄せ活用術

当記事では引き寄せの法則を活用した問題解決法についてご紹介します。

より実生活に活かしやすく、すぐに行動に移せるような形で分かりやすくまとめましたので、読んで終わりではなく必ず行動に移してみてください。

間違いなく効果を体感できる方法です。

前提:解決できないことは何もない

お話を進めていく前にまずは「解決できないことは何もない」ということを頭に入れておいてください。

こんなことを言うと

「えっ?戦争も?貧困も?」

と、ツッコミが入りそうなので、あらかじめ断りを入れておきますが、あなたが本当に解決したいとコミットして自分の人生を捧げる覚悟があるなら可能だと思います。

ですが、自分の幸せを考えずに、戦争や貧困を解決しようとすることは、精神衛生上、不健康なことだと思っています。

なので、複雑で大きすぎるテーマに関する問題解決ではなく「よりパーソナルな問題解決法」という視点でお読みください。

そして、問題は自分で解決しようとしないこと。解決できる人に解決してもらうこと。

これが鉄則です。

人間が作った問題で人間が解決出来ない問題はない

今、何か問題や悩みを抱えていることってありますか?

アインシュタインが残したセリフでこんな言葉があります。

「人間が作った問題で人間が解決出来ない問題はない」

アインシュタインは発明だけではなく、社会や人間に対する洞察力もすごく優れていて

「人間が作った問題で人間が解決出来ない問題はない」

と言い切っていました。

この言葉はとても的を得ていて、僕自身もすごく大事にしています。

同様に、自分が作った問題が自分で解決できないわけがないというのが本質でしょう。

問題が解決しない2つの原因

では、なぜ問題が解決しないのか?というのを冷静に分析してみます。

そうすうと、問題が解決しない原因はたった2つしかないことに気がつきます。

1:考え抜いていない

仕事面、恋愛面、家庭面で何か問題を抱えているとしましょう。

多くの人がなぜ問題を解決できないかというと、その問題について研究したり解決するための行動をとっていません。

自分で考えることを放棄してしまって、問題を放置していることが問題を解決できない原因です。

確かに、目の前の問題が自分の知恵と知識だけではどうしていいか検討もつかないから放置してしまうのはとても分かります。

でも、だから問題と感じているんですよね。今の自分よりレベルを上げないと解決できないから問題なのです。

2:自分だけで解決しようとしている

問題を自分一人の力でどうにか解決しようとしていませんか?

問題は自分一人で解決しなければいけないなんて法律はありません。

「誰かの力を借りて問題を解決する。」

これも立派な人の力を借りるという自分のスキルです。

でも、多くの人が、変なプライドがあったり、聞いたら悪いなと遠慮したり、貸しをつくるみたいで嫌だなとか色んな思いが働いてしまい、自分だけで抱え込んでしまっています。

しかし、人に聞けば簡単に解決できることなのにも関わらず、堂々巡りになってしまって、問題が解決できないままになっていることが意外と多いです。

この2つのうちどちらかのステップをきちんと踏めば大体の問題は解決出来ます。

大学生4人組が開発した画期的なアイデア

問題解決に関する画期的な法則を考えだしたアメリカのオルブライト大学の大学生3人組がいます。その法則は「ベーコン指数」というもの。

映画を見ていたら2本続けてケビンベーコンが出演していたのをキッカケに「ケビン・ベーコンを中心にするとハリウッド映画全俳優と繋がるんじゃね?」という研究を開始。

そしたら面白いように繋がってしまった。

さらに、知り合いをたどっていくと、大体6人以内で世界中の人たちと繋がるという「6次の隔たり」というのが生まれました。

つまり、会いたい人に会うためには、自分の友人・知人からスタートして6人経由すれば、芸能人や大統領にも繋がりがあり、会える可能性が高いという実験結果があります。

これを応用した会いたい人に会うための手順は以下です。

手順

会いたい人をピラミッドの頂点に置きます。そして、その人と交友関係がある人たちを二段目とします。

そして、知り合い、知り合いの知り合い……

というふうにどんどん輪を広げていきます。

自分の友人・知人がピラミッドの6段目として、6人たどれば会えるというものです。

例えば、あなたが日本の芸能人に会いたい人がいたとします。

  1. まずは芸能界に詳しそうな人に聞いてみる
  2. その人に芸能界に詳しそうな人を紹介してもらう
  3. さらに芸能界に詳しそうな人に紹介してもらう
  4. 計6名をたどる

こうやれば会いたい芸能人に会えるという法則です。

例えば好きなアイドルに会いたい、好きな経営者に会いたいなら、きちんと人を介せば6人以内で会える。

困った時の6名たどってみようゲーム

つまり何が言いたいかというと、解決したい問題を解決できそうな人を6名たどると、解決できる人が必ず見つかるということです。

問題解決だけではなく、何か叶えたいことがあって自分の力だけでは無理だと思うものでも6名たどれば叶えるための材料が揃うということ。

自分では「無理だな〜〜」と思っていることでも解決出来る術を持っている人が必ずいます。

なぜなら、詳しい人の周りには必ず詳しい人が集まっているからです。

何かに詳しそうな人には必ずその周りに詳しい人がいるんですね。

それはなぜか?少し掘り下げてみましょう。

例えば、あなたにも何か詳しいジャンルってありますよね?

そのジャンルについて詳しくなったキッカケが必ず会ったはずなんですね。

「朝起きたらそのジャンルの事が脳内にインストールされてていきなり詳しくなってた!」なんてことはないですよね。

必ずそのジャンルの集まりがあったり、本やセミナーがあって少しずつ詳しくなっていったはずです。

そして、そこには必ず人脈というのがありますよね。

そのジャンルにおいて自分よりも詳しそうな人は、さらに詳しい人を知っています。

そして、自分より詳しそうな人にさらに詳しい人を聞いてみると、大体めっちゃ詳しい人を知っているはずです。

もし、その人に相談することができたら目の前の問題なんて一発で解決すると思いませんか?

「これを出来る人はいませんか?」

って、聞いてみるんです。

そうすると出来そうな人を紹介してもらえるので、その人にやってもらう。

問題解決って、ただそれだけなんですよね。

だから自分で問題は解決しない方がいいんです。

僕も本当に知らないことだらけで自分のビジネスをスタートさせました。

例えば、請求書を出さないとクライアントからお金が振込まれないなんてことも最初は知らなくて、めちゃくちゃ焦ったりしていました。

でも、それって自分で考えても解決出来なくて、人に教えてもらいながら、その都度、解決してこれています。

これはビジネスの話だけではなく、人生全体の悩みや問題も同じ。

自分より出来る人に解決してもらう。なぜなら、その方が圧倒的に早いからですよ。

それがあなたにピッタリの解決方法ではないこともあるかもしれませんが、繰り返していると必ず解決策が見つかり何でも解決できちゃうんですよね。

アインシュタインの言葉に出会って

「人間が作った問題で人間が解決出来ない問題はない」

という言葉を信じて、絶対解決できると色んな人に聞いて、その分野に詳しい人に聞いていくうちに解決出来るんですよね。

実際は6人たどる必要はなくて、3人以内で解決出来ることが多いです。

聞くことは恥ずかしいことじゃなくて賢い選択

実際に実践する前までは、聞くことが悪いなとか聞くと時間を取れせてしまうなとか迷惑をかけてしまうと思っていましたが、聞くとみんな嬉しそうなんですよね。

語弊を怖れずに言うと、解決策を持っている人って喋りたいんですよ。

持っている知恵や知識を喋りたいんけど、自分から表に出るのが苦手だったり自分をPRしたりするのが苦手だったりするので喋る機会がないんですね。

だから嬉しそうなんです。

なので、積極的に聞くと喜ばれますよ。

そうやって、その人の活躍出来る場が出来るわけですし。

もちろん、場合によってはお金が必要なこともあります。

例えば、コンサルを受けたりセミナーに参加したり本を買ったり、秘訣やアドバイスをもららう対価としてお金というものが発生したりします。

でも、そこでお金を使うのはもったいないとケチらずに、近くに寄っていけば喜んで色々と教えてくれるので、解決策が必ず見つかります。

何より人生の一番大切な資源である時間を短縮して、人生をショートカット出来るのでめちゃめちゃコスパが良かったりします。

例えば、セミナーや講座を受講するお金をケチっていたら今の自由な生活は絶対になかったです。

本物に出会うまでの道のりは色々あると思いますが、出会ったら必ず解決できるので、聞きまくりましょう。

自分で問題解決することが自分自身の成長やレベルアップにつながると思いがちですが、より質の高い力を借りれるようになるのも自分のレベルアップです。

なので、問題はなるべく自分で解決しようとしないことです。

先人の知恵をありがたくいただいて、その知恵をまたリレーさせるのです。

そうやって豊かさを循環させると、さらなる豊かさが自分のもとにやってきます。

人・モノ・お金・情報はとにかく循環です。

僕らは流れの中で生きているのですから。

まとめ

問題解決の秘訣は自分で解決しようとしないこと。詳しい人に聞いていくこと。

その分野に詳しい6人の出会いを引き寄せれば問題が解決する。

強いリーダーシップよりも豊富な知識よりも洗練されたスキルよりも何よりも重要なことは人の話を聞くということです。

素敵な人を引き寄せまくりましょう!