お金

億万長者が実践している最も楽して簡単にお金を稼ぐ方法

「なんか簡単にお金を稼げないかな〜」

という欲求は、多くの人が持っていますが、その方法について具体的に掘り下げて教えてくれる人はなかなかいませんし、楽して簡単にお金を稼ぐことが世の中にとってとても良いこと!

と、教えてくれる人はほぼ皆無です。

しかし、億万長者はほぼ例外なく楽して簡単にお金を稼いでいます。

当記事では、楽して簡単にお金を稼ぐ方法、そして、それがなぜ世の中にとっていいことなのかについて詳しく解説します。

最も簡単にお金を稼ぐ方法

お金を稼ぐ最も簡単な方法は、自分が最も簡単に感じる行為でお金を稼ぐことです。

ですが、簡単にお金を稼ぐということは、めちゃくちゃ難しいと感じる人も多いんじゃないかなと思います。

なぜなら、簡単にお金を稼ぐということは、努力感を感じない行為や力加減が必要だからです。

自分が簡単に感じられる行為や力加減は「え?こんなのでお金もらっていいの?」というものでして、もっと言うと「さすがにこんなに簡単にお金をもらうのは申し訳ない」と罪悪感が出てきたりするものですよね。

罪悪感が出てくると「もっと難しいことをやらなければいけない。もっと苦労しなければいけない…」という呪縛にかかり、お金を稼ぐことの難易度を自分で上げていってしまうのです。

だからこそ、億万長者の方は言いました。

「お金は簡単に稼げ」と。

お金を簡単に稼がないと出てくる闇とデメリット

大変な思いをして、血眼にまみれた努力感満載で稼いだお金は、努力感や達成感を感じやすいので、確かに気持ち良いかもしれません。

しかし、一つだけ大きな欠点があります。

  • お金が使いにくくなる
  • お金がもらいにくくなる

というメンタルブロックが出来上がってしまい、お金の流れが詰まり、お金の巡りが悪くなり引き寄せづらくなってしまいます。

お金を気持ち良く受け取れなくなり、簡単にお金を稼げなくなっていくんです。

お金が稼ぎにくくなるカラクリ

お金を簡単に稼ぎたいと思っているのに、お金を簡単に稼いでいいと自分で許可出来ないでいると、お金を稼ぐのが難しい茨の道に進んでいってしまうんです。

そのスパイラルはこんな感じ。

  1. お金を稼ぐのがツラい、苦しい、難しい
  2. 地球にいる全ての人がお金を稼ぐことにツラい思いをしていると錯覚する
  3. ツラいことをして得たお金を使うのは、身を削られる思いで強烈なストレスを感じる
  4. 地球にいる全ての人がお金を使う時に強烈なストレスを抱えていると錯覚する
  5. お金を受け取るのがツラくなる

このスパイラルの中にいると、お金は人生をより豊かにしてくれる大切なパートナーであり、豊かさを運んできてくれる相棒ということを忘れてしまいます。

そして、お金を使う行為のプロセスで

「お金を使って減ってしまったら、また、あのツラい、苦しい、難しい事をしてお金を稼がなければいけないのか・・・(ため息)」

と潜在的にこびりついた嫌な感情にスイッチが入り、気持ちよくお金を使えなくなります。

お金を使うことがツラくなっていってしまうんです。

すると「世の中全ての人は、こんなツラい思いをしてお金を使っているのか・・・」という思い込みが脳内を支配し、お金を受け取ることがツラくなっていってしまうんですね。

すると、お金を稼ぐにはツラい、苦しい、難しい事をする必要があるという価値観が強化されていき、お金を簡単に稼ぐ自分を許可できなくなっていくのです。

つまり「自分だけ楽をしてお金を稼ぐのは申し訳ない」というような罪悪感に支配されてしまうのです。

お金は罪悪感の無い場所に流れる性質がある

世の中を見渡してみると色んな職業がありますよね。

経営者、会社員、投資家、セラピスト、youtuber、ブロガー、インスタグラマー、MLM、マーケッター、イラストレーター、コピーライター、アルバイトなどなど。

「お金」を得るための手段は世の中にめちゃくちゃたくさんあります。

そして、時代の風向きは

  • 好きな事をしてお金を稼ぐ
  • 自分らしくお金を稼ぐ

という方角に吹いています。

職業の多角化が進むことで「え?そんな職業ありなの!?」という仕事が日々生まれまくっています。

そして、多くの成功者は

「好きなことをしていればお金は後からついてくる」

とも言っています。

しかし、この言葉の本質は「お金は罪悪感の無い場所に流れる性質がある」ということなんです。

お金に対する3つの罪悪感

お金に対する「罪悪感」は、大きく分けて3つに分類出来ます。

  1. 「お金を得ること」に対する罪悪感
  2. 「お金を得るための手段」に対する罪悪感
  3. 「他人との比較」による罪悪感

です。

【1】の「お金を得ること」に対する罪悪感は、そもそもお金を得ることに対して
メンタルブロック満載で、セルフイメージの低さから来ています。

「こんな私がお金をもらっていいのか」という罪悪感です。

【2】の「お金を得るための手段」に対する罪悪感は、お金を得るためにやっている事が
果たして良い事なのだろうか?何か悪い事をやっているんじゃないか?こんな簡単なことでお金をもらっていいのだろうか?というところから来ています。

「果たして価値があるのだろうか」という罪悪感です。

【3】の「他人との比較」による罪悪感は、自己犠牲や我慢から来ています。

「私だけ楽な思いをしていいのだろうか」という罪悪感です。

お金の巡りを良くしたかったら、これら3つの罪悪感を無くしていけばOKです。

で、こう書くと

「社会的に悪い事をしている人たちはどうなんですか?」

という疑問が出てくると思うのですが、全然関係ないんです。

「本人に罪悪感があるかどうか」という問題なので、たとえ社会的に悪い事をしていたとしても、本人に罪悪感がなければお金の巡りがどんどん良くなっていきます。

逆に、誰が見聞きしても

「超素晴らしい社会活動」

をしていたとしても、本人が罪悪感を抱えながら活動していたらお金の巡りは全く良くなりません。

それどころか応援してくれる人も出てきてくれないんですね。

自己愛を高める・セフルイメージを高めるなど、闇ではなく光に焦点を合わせるのが大事
と言われる所以はここにあります。

「自分の人生から罪悪感を追い出す」

これはお金に直結するかなり大事なことなんですね。罪悪感が直接お金に結びついているんです。

「楽してお金を稼ぐことを考えると、罪悪感が出てきて怖くなってきたからやめた。」

ほら、やっぱり罪悪感ですよね。

罪悪感を抱かれてしまう人のところに行きたいですか?

「あなたがお金だとして、罪悪感いっぱいの人のもとに行きたいですか?」

というスピリチュアル的な観点から見ても、せっかく遊びに行ってあげたのに罪悪感を感じられちゃう人のもとには、行きたくないですよね。

「なんか、来ちゃってごめん」

ってなるじゃないですかね。

このスピリチュアル的な観点をより現実目線で落とし込むとこうです。

あなたが誰かから商品やサービスを受けたら、感謝の表現としてお金を手渡しますよね。

お金を手渡すということは、感謝の表現以外にもたくさんの気持ちがこもっているわけじゃないですか。

「応援、投資、賛同、共感、期待・・・」

本当に色んな気持ちを込めてお金を手渡すと思います。

それに対してお金を手渡した人が罪悪感を感じていたらどう思いますか?

ちょっとなんか、ネットリこびりつくような、いや〜な感覚が残ると思うんですよね。

「気持ち良くないお金の使い方だったな」
「気分悪くさせちゃってごめん」

と感じると思うんですよ。

お金を受け取る時に罪悪感を抱えていると、お金の巡りって悪くなって当然じゃないですかね。

なので・・・

  • 「お金を得ること」に対する罪悪感
  • 「お金を得るための手段」に対する罪悪感
  • 「他人との比較」による罪悪感

のある場所には、お金は行きたがらないのです。

お金には拡散能力がある

お金には拡散能力があります。なので、お金に対する罪悪感を持っていると

「〇〇さんには近寄らない方がいいよ」

と、一瞬で拡散されていきます。

スピリチュアル的には、これを波動とかエネルギーと表現しますが、現実世界では口コミ、噂と表現します。

罪悪感は見透かされてしまうんですね(,,゚Д゚)

なぜ「好きな事でお金を稼ごう」が広まっているのか

  • 好きな事でお金を稼ごう
  • 楽をしてお金を稼ごう

という風潮が広まっていますが、それはなぜか?不思議に思わないですか?

今までは決してこのような風潮が世の中に広まりませんでしたよね。

じゃあ、何でそんな風潮が広まっているかって?

「好きな事でお金を稼ぐことに対する罪悪感や楽をしてお金を稼ぐ罪悪感を感じる必要ないよね?」

という意識に切り替わってきているからなんです。

もっと言うと

  • 自分の好きなこと
  • 自分らしいこと
  • 苦労を感じない行為

を通して、お金を得ることって素晴らしいことだよね!そういう人生って最高だよね!

という空気になっているからです。

そして、実際に、その経験を通して罪悪感が無くなっていくので、どんどんお金の巡りが良くなっていきます。

最近のクラウドファンディングやビジネスシーンをよく観察していると、今までのルールが完全崩壊しているのが肌で分かると思いますので、ぜひ見てみてくださいね。

21世紀半ばくらいから、人間がお金を稼ぐという行為すらしなくなっている可能性もありますが…笑

少なくとも20〜30年は楽しく働きましょう。楽しくお金を稼ぎましょう。

そして、楽しく受け取りましょう。

お金は楽しさと仲間を連れて来てくれる最高のパートナーですよ!

お金を気持ち良く使うには、簡単にお金稼ぎをする経験をどんどん積んでいくと、気持ちよく、お金を使えるようになります。

その経験を通して

  • お金を稼ぐのって簡単!
  • お金を稼ぐのって楽しい!
  • お金を稼ぐのって人が喜ぶ!
  • お金を稼ぐのって社会の役に立つ!

を少しずつ積み上げていくと、簡単にお金が稼げるようになっていきますし、簡単にお金を使えるようになります。

なので、眉間にしわを寄せてしまうような仕事は一切やらないとか何気に大事です。

仕事は、楽して簡単なのが、自分にとって最も優しく、社会に与えるインパクトも大きいです。

自分にとっても社会にとっても、最も優しくて超効率的な在り方だと思うんですよね。

というのも、人によって簡単だと思えるものが違うからこそ「役割」が生まれるわけで、「役割」というのは「個性」です。

思い出しましょう。簡単に出来ることを。

受け入れましょう。楽してお金をもらうことを。

まとめ

自分が楽にできること、簡単にできる行為でお金を稼ぎましょう。

それが最も簡単にお金を稼ぐ方法です。