引き寄せの法則

引き寄せが実現できない自分に価値がないわけではなく選択を間違っているだけだから落ち込むな

何かを実現しようと思っても、なかなか実現できない自分にイライラしたり、自分には価値がないと、自分を責めてしまうことはありませんか?

何かを実現できない自分に価値がないわけじゃないということを強く解説しながら、ただ選択を間違っているだけだから、変に落ち込まないでくださいというお話をします。

「何かを実現できない=自分に価値がない」は間違っている

物事を実現できない時に自分に矢印が向きすぎていると

  • 「どうせ自分には価値がない」
  • 「やっぱり自分にはふさわしくない」

とジャッジを下してしまいがちになりますが、ちょっと待った!です。

そもそも何かを実現することと自分に価値があるかないかというのは、そこまで関係性がないものです。

天秤にかけること自体がおかしな話なんですよね。

目の前の結果は過去の選択からつくられています。

「選択」⇒「結果」という関係です。

当たり前のお話ですが「結果」⇒「選択」にはなりません。

何を選び、何を選ばなかったのか?その積み重ねが、今の結果をつくっています。

選んできたものを手にしていて、選ばなかったものは手にしていないという単純なお話です。

なのにも関わらず、ただ結果が悪いから自分には価値がないとは思い込んでしまう。これはよくあるトラップなんです。

最初は誰もが実現能力が低い

自分は何かを実現できなかった・・・。

だとしても、それは「自分自身の価値」とは何も関係がありません。

「達成者」も達成できないことはある。「億万長者」も昔は借金を経験したかもしれない。
「チャンピオン」も最初は誰よりも弱い初心者。

つまり、何かに取り組むということは、まだまだ旅路の途中なわけですよね。

にも関わらず、中途半端な場所で自分には価値がないと決めつけるのはもったいないということです。

何かが思うように実現できないと、「自分には価値がない」と『誤解』しがちですが、それはまだ途中なわけなので、自分を貶めても損なだけです。

なので、何か物事を実現しようが、実現できなかろうが、判断材料を並べるのは「自分の価値」ではありません。

自分の価値ではなく「選択」が結果をつくる

じゃあ一体何をどう判断すればいいか?

判断すべきは「行ったきた選択の価値」です。

「自分には価値がないのではないか?」

という問いは、とてつもない恐怖とストレスをもたらします。そして、何も意味のない問いです。

ですから「実現できない=自分には価値がない」と思うと、何かをやろうとする時に
大きなストレスになりますし、上達しません。

そして、常に「またダメかも・・・」と、スタートする前から自分を落ち込ませてしまう闇のエネルギーなります。

「実現できない=自分には価値がない」という選択は違いますよね。

実現していくための価値ある選択をしよう

健康、人間関係、仕事、スキルなど、もっと良くしたいという分野が何かしらありますよね。

そして、その分野で自分自身が「意味があるor価値があると感じているもの」をゴールとして掲げているはずです。

自分が大切だと思っていることだったり、より充実感や、幸せや、楽しさを感じるものを実現したいと。

そのゴールを実現させるためには、はその分野で「実現していくための価値ある選択をした」ことで成し遂げられることができます。

車を運転したいというゴールがあるなら、運転免許を取得するという選択。車を買うか借りるという選択。

この2つの選択をすれば、車を運転したいというゴールは実現できます。とてもシンプルですよね。

一方、ゴールが実現しなかったとします。そこで多くの人は

  • 「自分はダメだ」
  • 「自分は間違っている」

と、自分には価値がないとジャッジしがちですが、そうではないんですね。

その分野で「実現しにくい選択をしていた」というだけなんです。

だから、何も落ち込む必要はなくて

「なるほど、こういう選択/パターンは実現に近づかないんだな」

と学習すればいいだけですし、うまくいかない選択/パターンが知れてよかったと思えば良いのです。

うまくいかない選択/パターンが分かれば、改めて軌道修正して「新しい選択」をすればいいのです。

実現までの距離が近づく選択は自分で気づけないことが多い

何の行動を実現までの距離が近づくと思っていて、何の行動を実現までの距離が遠いと思っているのか。

自分が経験済のことは、ある程度判断ができます。

ただ、残念ながら未経験のことや選んだことのないものは、自分の頭では判断できません。

今の結果は、これまで何を選んだのかによってつくられているわけですが「選ばなかったこと」の中に「望んでいる人生」をつくるものが、意外とたくさん存在しているのも事実なんですね。

まだ行ったことがない場所。たくさんありますよね?

まだ勉強したことがないこと。たくさんありますよね?

まだ身につけていないスキル。たくさんありますよね?

まだ本音で付き合っていない人。たくさんいますよね?

人生は、常に選んでいないものだらけです。

そして、「まだ選んでいないもの」の中に大きな可能性があるのです。

ここまで伝わっていますでしょうか?伝わっているとしたら気づいているでしょうか?

自分が正しいと思うものしか選択していなかったら、可能性は閉ざされてしまいます。

「まだ選んだ事のないものを選ぶ」ことで、初めて新しい可能性に出逢えるのです。

引き寄せの法則や潜在意識を活用することの最も大きな意味は、今の自分が予想もしていない最高の人生に出逢えること。

それには、実現までの距離が近づく選択が重要ですが、その選択が自分で気づけないことが多いのです。

未来のイメージを先取り

それには、まずは「こうなったらいいよなぁ」という未来のイメージを先取りをすることから始まります。

「こうなったらいいよなぁ」を実際に実現している未来の自分は、どのような選択を積み重ねていったのでしょうか?

まず感情で未来を先取りし、選択をイメージしてみてください。

そして、その都度迫られる選択は、その時の自分には何が正しくて何がズレているかが分からないものです。

ここまで言うと、疑問が出てくるでしょう。

「一体、どうすればズレが小さい選択ができるの?」と。

先人のことを調べましょう。先人に聞きましょう。先人にアドバイスを求めましょう。

まとめ

何かを実現できないからといって、自分に価値がないわけではありません。

また、選択を間違う自分に価値がないわけでもありません。

そもそも、自分の判断だけで選択を間違わない方が難しいんです。

知らない土地に行って、地図もgoogleマップも無い中で、道に迷わず行きたい場所に行けますか?どう考えても無理な話です。

ムダに自分に価値がないと落ち込まないでくださいね。

こちらの記事も合わせて読んでみてください。

安心したいという動機だと引き寄せの法則は逆に働く理由と対策法引き寄せをもっと使いこなせるようになり、早く安心して生活できるようになりたいと思う人も少なくありません。 もし、あなたが安心したい...