引き寄せの法則

引き寄せの法則は願望達成なんてどうでもいいと思うと潜在意識が本領発揮する

当記事は、引き寄せの法則は「願望達成なんてどうでもいい」と思うと潜在意識が本領発揮して、結果として引き寄せの法則が加速するというお話です。

「執着を手放す」というキーワードにビビっとくる場合は、とてもタメになると思います。

成功とか願望達成なんてものはどうでもいい

引き寄せの法則は人生の幅広い分野で活用出来るものです。

  • 恋愛
  • ビジネス
  • お金
  • 人間関係
  • 健康

など、本当に人生の幅広い分野で活用できます。

同じ引き寄せの法則を使っても、なぜこんなに大きく違いが出てくるのか?

僕自身の人生経験、そして周りの人をよく観察してみてすごく腑に落ちていることがあります。

それは「成功とか願望達成なんてものはどうでもいい」と思っている人の方が良い引き寄せが舞い込みまくっているという事実です。

自伝を書いてみたらどうでもよくなった

僕自身、引き寄せの法則の活用に大きく変化が訪れたのは25歳の時。

「自伝」を書いたことがキッカケです。

25年しか生きていないのに何を書くことがあるの?と思うかもしれませんが「成功した自分から逆算した人生設計」を自伝として書き出したのです。

すると、自分でも目に見えて驚く変化があり、「成功したい」「夢を叶えたい」と渇望していた事柄が、人生においてどうでもよくなったんですね。

もはや時間をかけて書いた自伝さえも、どうでもよくなってしまいました。

自分のやることがうまくいくかいかないか?なんてのも、どうでもよくなってしまいました。

それからは「不安がなくなってしまえばいいのに」と思うことがなくなりました。

「人生はうまくいっているに違いない!」と頑張って考えることもありません。

自分の心のブロックに興味もなくなりました。

自分の手放せていない執着や恐れにも全く興味がありません。

お金を稼ぐことにもだんだんと興味が薄れて、いくら稼ぐかはどうでもよくなりました。

稼いだお金をさらに潤すこと。人生を豊かにしていくこと。

お金を使う方に興味を持つようになりました。

「どうやって成功するか?」というよりも「どうやって人生のゲームを楽しむか?」の方へ意識がシフトしていったんですね。

そしたらマジでめっちゃ変わったんです。これにはきちんと理屈があることに気づきました。

問題を追いかけると本来の自分が埋もれる

それまでは、マイナス(問題)を見つけてそれをゼロorプラスに(解決)することに興味を注いできました。

つまり、問題を沢山発見して、その問題を解くために、必死になって姿形のない心のブロックを生み出し、それに苦しむ自分を演じる。

僕はこれを正解としていたのです。

でも、それはただマイナスを創りだしてゼロにして終わりというのをエンドレス繰り返しているだけだと気づいてしまったのです。

自己啓発にハマってジプシーになっていく原因はここにあったのだと。

問題ゲームの世界は生産性がゼロ

だからこそ、新世界に行きましょう。もういいですよね。

正しさの中で戦ったりするのって、すごく疲れると思います。もういいですよ。

次のステージに進みましょう。

過去の呪縛から解き放たれて、今、何を創造するか?によって過去を創造する人生の世界です。

いまいちピンとこないかもしれませんが「無限の世界から、有限を生み出す」ということだったり「色のないモノクロの世界から、独自のカラーを生み出す」ということだったり、もっと砕いていえば

「人生にあらかじめ用意されている意味なんて捨ててしまおうぜ!」

ということです。

想定できる人生から脱却して、想定できない人生に飛び込むと、そこには無限の可能性という世界があります。

そこは青天井の世界です。

そこにはベストなタイミングでベストな状態で現れる世界のルールがあります。

しかし、その自由な世界には、多くの人が嫌う「怖れ」という相棒が常にひっついています。

怖れのない世界はない

多くの人は「怖れ」をできる限り無くそうと努力しますが、そもそも意味がないことなのです。

なぜなら、怖れは常にセットで存在していて切り離すことができないものなんです。

光があるから影があるように怖れのない世界なんてものはないんですね。

怖れや不安から逃げることは、単純に可能性から逃げることです。

つまり「無限」が怖くて「有限」も生み出せずに「そのはざま」で葛藤し続けることになります。

そもそも「限界」を予測して人は進もうとします。

でも、限界は「イメージすることをやめた者」だけが見る世界です。

肉体と脳みそがある限り、どれだけバカでも「イメージする力」はあるはずです。

でも、実は人間は、限界を超えることが怖いんですね。無限を有限にすることが怖いんです。

そして、自分の可能性が怖いんです。失敗よりも成功する方が怖いんです。

どうしてでしょうか?

それは潜在意識の持つ恒常性や継続性にやられてしまうからです。

願望達成することをスッと忘れることが出来ると、ビックリするくらい引き寄せが働きシンクロも起きてきます。