お金

引き寄せの法則の効果的なやり方と使い方9ステップ|お金・恋愛・人間関係の願いが現実になる

当記事では引き寄せの法則についてまとめた内容になっています。

引き寄せの法則の概念やカラクリについて紐解いていきながら、やり方と使い方を9ステップに分けて分かりやすく解説しています。

Contents(もくじ)

引き寄せの法則とは何か?意味を一言で解説

引き寄せの法則について色んなところで色んなことが言われていますが、たった一言で分かりやすく表現することができます。

「引き寄せの法則=類は友を呼ぶ」

ということです。

つまり「自分と同じものを引き寄せる」です。

引き寄せの法則はウソだと言われることもありますが、ただただ自然界では当たり前に起きていることに過ぎません。

自分の思考、感情、行動、現実と似た人・モノ・コトを引き寄せる。

とてもシンプルかつ原理原則なものです。

引き寄せの法則のカラクリは「テレビ局」

人それぞれ好きなテレビを見るように、見たい周波数のチャンネルに合わせて現実を創り見ています。

こう言うと少し分かりづらいと思うので「誰もがテレビ局を持っている」と考えてみてください。

例えば、あなたが持っているテレビ局は、あなたの思考に合わせて番組を制作して発信をしています。人それぞれ番組内容が異なります。

  • グチをテーマに番組にしている人
  • 斜に構えた視点をテーマに番組にしている人
  • 幸せや豊かさをテーマに番組にしている人

色んな人がいます。

自分が選んでいる思考をもとに番組が制作され、同じような周波数に同調した人が磁石のように引きつけ合います。

グチをテーマに番組にしている人は、グチっぽい人を引き寄せ、グチを言えるネタを引き寄せます。

斜に構えた視点をテーマに番組にしている人は、斜に構えている人を引き寄せ、斜に構えられるネタを引き寄せます。

幸せや豊かさをテーマに番組にしている人は、幸せや豊かな人を引き寄せ、幸せや豊かになれるネタを引き寄せます。

類は友を呼ぶわけなので、自分が発信しているテーマと同じような状況を引き寄せて現実(番組)を創っているのです。

そのため、もし自分が何か引き寄せたい状況があるのなら、引き寄せたい状況の周波数に合わせる必要があるということです。

手に入れたい現実の周波数が違うのに、自分が周波数を合わせずにボケーッと待っていても、手に入るはずがないのです。

自分が発信したもの全てが自分のもとに戻ってくるからです。

自分の思考が全てを引き寄せる

自分の見ている・発信している番組(現実)は思考が根源になっているわけですが、思考から現実までの道のりはどのような道筋になっているのか?

順番は以下です。

思考⇒感情⇒言葉⇒行動⇒現実

自分の思考が感情をつくり、感情が言葉をつくり、言葉が行動をつくり、行動が現実を創るという道順です。

「思考を知りコントロールすれば現実を変えることが出来る!簡単じゃん!」

と、多くの人が思考を意識しようとするのですが、ここで困った問題点があります。

「自分の思考は分かりにくい」のです。

そこで、肝になるのが「感情」です。感情に注目しましょう。感情は思考を教えてくれます。

イライラした感情を持った時は、イライラするようなことを考えていたからイライラするのです。

例えば、あなたが公園でぼーっとしていたら、鳥の糞が頭に落ちてきました。どんな感情を抱くでしょうか?

多くの人がイライラしたり「クソっ!」となったりすると思うんです。

これは先日、実際に僕に起こった出来事だったのですが、僕は嬉しくなっちゃったんですね。

「うおー!なんかラッキーなことが起きる前兆かもしれない!!」と。

普段の思考の癖が感情を作っているのです。

気分良くゴキゲンな生き方がしたいなら「今」を気分良くゴキゲンでいること。

良い気分でいられる状態を常にキープしておくことが重要です。

引き寄せの法則がうまくいかない・欲しいモノを手に入れられない理由

引き寄せたい状況をなかなか引き寄せられない理由はたった1つ。

「引き寄せたい状況よりも引き寄せたくない状況を考えている時間が長いから」

です。

引き寄せたくない状況を考える時間が長くなる原因は2つです。

1:自分の中にある小言

何かを引き寄せたいと思う時。

  • どうせ自分は〇〇だから・・・
  • 私にはお金がないから・・・

など自分の中にある小言が出てくることはないでしょうか?

小言が出てくる時は、引き寄せたい状況よりも、できない理由を考える時間の方が長くなるため、結果として引き寄せることができません。

2:「〇〇したくない」という思考

例えばあなたが「お金で苦労したくないからお金を引き寄せたい」と考えているとします。

お金で苦労したくないという思考は、お金で苦労することを常に考えてしまうことになるため、お金で苦労する状況を次々と引き寄せます。

自分がマイナス思考でいると、さらにマイナス思考になるような状況を引き寄せ、心配を倍増させてしまいます。

「〇〇したくない」という思考や言葉には注意を払ってください。

引き寄せたいと思っている逆の引き寄せが次々と起こります。

このようなことを書くと「不安や心配が浮かべば悪いことが引き寄せられる。どうしよう・・・」と、さらに不安になることもあるかもしれません。

そんな時は「不安感がなくなる魔法の解釈方法と気が楽になるコツ【2つのワーク付】」で書いてあるワークに取り組み、不安や心配に光を当てて、取り除いてしまいましょう。

不安感がなくなる魔法の解釈方法と気が楽になるコツ【2つのワーク付】不安を感じやすいがゆえに何かと心のブレーキになり 不安を感じやすくて困ったもんだ 何とかして取り除けないかな と思...

引き寄せの法則の効果的な使い方9ステップ

ここからは、より具体的に「どうすれば引き寄せの法則を上手に使いこなせるか?」について9つのステップに分けて分かりやすく手順を解説していきます。

  1. 現在位置を把握する
  2. 自分を癒す・膿を出す(マイナスをゼロに戻す)
  3. 自分の中にあるブロック・枠・制限を外す(フラットにする)
  4. 望みを明確にする(オーダーする)
  5. 信じる
  6. キッカケに気づく(出会い)
  7. キッカケに乗っかる(行動)
  8. 受け取る
  9. 分かち合う

上から順番に確認しながら、ご自身の状況と照らし合わせて読み進めてみてください。

もし、あなたがスムーズに引き寄せが起こっていなかったり、願望実現出来ていない場合は、必ずどこかでつまづいています。

各ステップごとに、何が重要なポイントなのか?つまづいている場合はどうすればいいのか?落とし穴はどこにあるのか?などを詳しくご紹介しています。

ステップ1:現在位置を把握する

引き寄せの法則を上手に使いこなす第一歩目は、自分の現在位置を把握することです。

例えばあなたが「ニューヨーク旅行に行きたい!」という願望を持っていたとします。

しかし、今いる場所が日本なのか、インドなのか、ブラジルなのか、ロサンゼルスなのかが分からないと、行き方や向かう方角が大きく違ってきますよね。

なので、一番最初にやることは

  • 今の自分はどこにいるのか?
  • 今の自分はどういう状態なのか?

を正確に把握することです。

自分の現在位置を正確に把握するには「人生の輪」または「価値の序列」を活用するとやりやすいです。

どうしたいか?何を手に入れたいか?の前に自分の現在位置を正確に把握しましょう。

下記記事でご紹介している11個の質問に答えると、自分の現在位置の把握ができます。

自分が普段から何を考えていることが多いのかも同時に理解できます。

価値の序列を知る11の質問ワーク集|引き寄せやすいものを完全理解自分の望む人生を送るには「価値の序列」を構成するTOP3を知っていると、スムーズに現実が進んでいきます。 人生は全て「価値の序列」...

ステップ2:自分を癒す・膿を出す(マイナスをゼロに戻す)

引き寄せの法則を上手に使いこなすために、自分の現在位置を把握した次にやることは、過去の精算です。

自分を癒やし膿を出し、マイナスをゼロに戻すこと。

なぜ、マイナスをゼロに戻すのが必要なのかというと、自分自身が

  • 傷ついた状態のまま
  • トラウマを持った状態のまま
  • 過去の膿を持った状態のまま
  • 感情を抑圧した状態のまま

だと、そこに思考が集中するので、ズルズル引っ張られてしまいます。

しかし、多くの人はマイナスをゼロにする作業をすっ飛ばしてしまうため、空回りし続けるどころか途中で心が壊れてしまうのです。

また、過去を精算する過程で

  • 今のままでいいのか?
  • 今のままだと嫌なのか?

ということに向き合うことになります。

嫌だと思った時に初めて、何が嫌でどうありたいのか?どうなりたいのか?という望む未来像を考え始めるキッカケになります。

そして「土台作りをし始めよう!」と進み始めます。

どういう事なのか具体例を挙げます。

ブレーキを全力で踏んだままアクセルを踏むことになる

例えば、あなたがお金持ちになりたいと思っているとします。

しかし「お金の話題について話すと、周りの人が不機嫌になったり怒るからお金は怖い」というトラウマを同時に持っているとどうなると思いますか?

どんなにやりたいことリストを作成したり、アファーメーションをしたり、行動の量・質を増やしたりして前に進む努力をしても、お金に対するトラウマが潜在意識にこびりついているため、お金に対する良いイメージが持てないまま走ることになります。

「お金=悪者・敵」という思考がお金の流れをせき止めてしまうのです。

つまり、ブレーキを全力で踏んだままアクセルを踏むことになるので、いくら頑張っても前に進めないのです。

「何だよ、この車は!前に進めないなら力技でもっと踏み込むぞ!」と、グッとアクセルを踏み込もうとするのですが、ブレーキがかかっていることに気づいていないため、エンジンに強大な負荷をかけ、エンストを起こしてしまうんですね。

頭は全速力で前に進みたいと考えていても、心がついていかず、すぐに燃え尽き症候群になってしまいます。それどころか心が壊れてしまうこともあります。

自分を癒す・膿を出す方法

  • 本来の自分に戻る
  • マイナスな思い込みをクリーニングする
  • 自己否定をやめる

引き寄せの法則を上手に使いこなすためには、自分を癒やし膿を出しておく必要があります。

エアコンのフィルターがカビだらけだと、どんなに良いエアコンを使っても、どんなに部屋の環境を整えても、カビ臭くて不快になったり、具合が悪くなりますよね。

それと同じで、自分を癒やし膿を出して自分のフィルターをキレイにしておかないと、いくら素晴らしいノウハウがあっても正しい行動や努力をしても、望む結果を手にすることは難しいのです。

自分を癒やし膿を出すためのヒントを散りばめた記事を書いているので、あなたの状況に合わせて読んでみてください。

本来の自分に戻り自分らしく生きるための8つのレッスン

僕自身が「本来の自分に戻らず無理をして頑張っていた世界の住人」から「本来の自分に戻り自分らしく生きる世界の住人」にシフトしていった実体験のプロセスを踏まえて書いています。

本来の自分を無視して何者かになろうとしている時は、マイナスな思い込みが強烈で、自己否定をしまくって生きている状態です。

その状態の自分だとどうあがいても苦しい状況しか引き寄せないので、まずは自分を癒やし「今までよく頑張ってくれたね」とギュッと抱きしめてあげてくださいね。

本来の自分に戻り自分らしく生きるための8つのレッスンこの記事では本来の自分を取り戻して自分らしく生きるためのヒントを散りばめました。 ヒントや秘訣が手に入るのはもちろん、僕からあなた...

潜在意識にこびりついた嫌な感情をクリーニングしよう

自分の中にある劣等感や屈辱感、喪失感、寂しさなどの嫌な感情などをキレイサッパリにクリーニングしましょう。

ここでやることは「意味づけ」を変えていき、自分の中にある解釈をまるっと捉え直していく作業です。

「キッカケ」になった全てのものに対して「ああ、ほんとうにありがとう。おかげさまで。」と思えるようになるワークを下記記事でご紹介しています。

潜在意識にこびりついた嫌な感情をキレイサッパリにクリーニングする方法」を使って、感情を押し殺したり抑圧するのではなく、解放してあげましょう。

http://shotayamagiwa.com/cleaning-subconscious

人を馬鹿にしたり見下す人の特徴とされた時の対処法【取扱説明書】

何かを手に入れようとしたり、チャレンジしようとすると、馬鹿にしたり見下す人が現れた経験はありませんか?

こういう人に反応していると、自分が傷ついてブレーキになってしまうんですよね。でも大丈夫です。

人を馬鹿にしたり見下す人は、優位感を感じたい、論破が大好き、チヤホヤされたい構ってちゃん、気が弱いから自分を大きく見せたい、器が小さい人たちです。

対処法を知っておけば、もう怖いものはありません。

人を馬鹿にしたり見下す人の特徴とされた時の対処法【取扱説明書】当記事では、人を馬鹿にしたり見下す人の特徴を解説しながら、馬鹿にされたり見下された時の対処方法についてご紹介します。 僕も散々、人...

自己否定をやめる9つの改善方法!心理学の根本から分かりやすく解説

自分を責めて自己否定をしてしまうことはありませんか?

数多くの人を見てきて思うことは、本当は全然問題ないのに自分を責めたり自己否定をしちゃっているということです。

これは心の奥底からのお願いです。ムダに自分を責めたり自己否定をするのは今日でやめてあげてくださいね。

自己否定をやめる9つの改善方法!心理学の根本から分かりやすく解説自己否定は様々な種類があり 自分はできない人間だ 自分は存在価値がないんじゃないか 生きている意味ってあるのかな?...

ステップ3:自分の中にあるブロック・枠・制限を外す

自分を癒やし、膿を出し、トラウマから解放してあげた次のステップは、自分の中にある常識を一つずつ解いてあげる作業です。

アインシュタインがこんな名言を残しています。

「常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。」

とても素晴らしい名言ですよね。

自分の人生を振り返ってみると、自分の価値観・考え方は

  • 親戚
  • 友人
  • 先生

など、自分の周りの人の価値観・考え方を参考にして作られているということが分かると思います。

「夢は叶えて当たり前だし素敵じゃん♪」と考える人が周りにたくさんいる人は、やりたいことを実現させるのが常識だし素晴らしいことという考え方を持っています。

しかし「夢は叶うはずがないし真剣になるなんてダサい」と考える人が周りにたくさんいる人は、どうせやりたいことは実現できないし一生懸命生きるなんてなんかダサいという考え方を持っています。

ブロック・枠・制限は思い込んでいるものだからこそ自分で気づけなくなる

ブロック・枠・制限というのは、自分が常識と思っていることなので、自分ではなかなか気づけなくなる性質を持っています。

これは「エレファントシンドローム」という有名なエピソードがあります。ゾウのお話とノミのお話の2つご紹介します。

逃げないゾウ

これは、インドなどでゾウを調教するときに使われる手法だそうです。

ゾウが子供の時に足に鎖を付けて逃げないように大木に繋いでおきました。

子どものゾウは必死に逃げようと鎖を力づくでちぎって逃げようと試みますが、どう頑張ってもちぎれないため逃げるのを諦めてしまいました。

大人に成長したゾウになってから、繋いでいる大木からちょっと引っ張れば倒れる細い木に変えてみました。

少し引っ張れば木が倒れ、鎖が外れるのに、逃げようとしなくなってしまったのです。

ゾウは繋がれた鎖の範囲から出ることはないというエピソードがあります。

実際には自由に動き回れるにも関わらず、常識という名のブロック・枠・制限が染み付くと、そこから出ようとしなくなることが人間にもありますよね。

飛ばないノミ

ノミは自分の体の何十倍ものジャンプ力があります。

ジャンプ力のあるノミにコップをかぶせると、コップの高さまでしかジャンプできなくなります。

しばらくコップの中にノミを入れておいた後にコップを取り除くと、コップの高さまでしかジャンプしなくなるというエピソードがあります。

限界を自分で決めてしまうと、本来持っている力を発揮しなくなるのは人間も同じですよね。

ブロック・枠・制限は思い込んでいるからこそ自分で気づきにくいのです。

人生のフタを取り除こう

誰もが自分の周りの人の価値観・考え方の影響を受けて、それをもとに自分の中にブロック・枠・制限を作り上げ、それがそのまま常識となり、価値観として形成され、思い込みを作り上げ、世界にフタをして生きています。

気づいていようがいなかろうが、どんな人にもブロック・枠・制限があり、それらが人生のサイズを決めています。

しかし、現実はもっともっと広くて自由な空間です。

フタをしたままの状態だと、過去の小さな自分の延長線でしか未来を描くことができません。

また、自分の本当の欲求や望みが出てくることもありません。

「〇〇を実現したい!」と思っても、ブロックがあるせいで

  • 「自分にはどうせ無理だよな・・・」
  • 「そんなことできるはずがない・・・」

と思ってしまったり。

そもそも制限をしていると、夢ややりたいことなどが見えてこないものです。

自分の中にあるブロック・枠・制限を外さない限り、欲求にブレーキがかかりっぱなしで、いつまでも望みが明確に出来ない現実となってしまいます。

自分の中にあるブロック・枠・制限を外す方法

  • 知識を増やす
  • ぶっ飛んだ人に触れてみる
  • いつもと違うことをやってみる

自分の中にあるブロック・枠・制限を外す方法は、外部からの刺激を使うのが一番効果的です。

本やブログを読んだり人に会ったりYouTubeを見るなどです。

ブロック・枠・制限がない人の思考や雰囲気に触れてみるだけでも十分に外すことができます。

  • あ、こんなんでいいんだ
  • こんな考え方もあるんだ

という新しいことに触れて、ブロック・枠・制限がいつの間にか溶けていった経験はないでしょうか?

また、自分の内側を探求していくのも確かに効果はありますが、そもそもブロック・枠・制限は、自分ではほとんど認識できないため、かなり高度なんですね。

自分の中にあるブロック・枠・制限を外すためのヒントを散りばめた記事を書いているので、あなたの状況に合わせて読んでみてください。

色んな人の生き方や考え方に触れて知識を吸収してみよう

普通に生活していると、周りにいる人のライフスタイル・価値観・考え方が世界の基準だと思うようになっていきます。

しかし、実際は全くそんな事実はありません。

ブロック・枠・制限がない人に直接会うことができなくても、本やブログを読んだり人に会ったりYouTubeを見ることで、色んな人の生き方や考え方に触れられる機会がたくさんあります。

色んな人の生き方や考え方に触れていくと

「え?こんな生き方ありなの?できるの?」「その考え方は思いもつかなかった」

ということがたくさんあります。

触れて知るだけでも自分の中にあるブロック・枠・制限を外すことができます。

今の自分の判断基準や考え方にこだわると引き寄せが真逆に働く

自分の判断基準や考え方を大切にすることは自信を持ったり、自己肯定感を高めたりするには良い栄養にはなりますが、どんどん更新していかないと生ゴミのように腐敗していきます。

なぜなら、今の自分の判断基準や考え方は、ちょっと前までの過去の自分が作ってきたものだからです。

今の自分の判断基準をもとに時間の使い方を選択していると、それは過去の自分で生きることになるので、今ここに自分がいないことになります。

「今の自分の判断基準」はかなり古くなってしまっているということなんです。

今の自分の判断基準や考え方にこだわると引き寄せが真逆に働く理由と解決策今の自分の判断基準や考え方ほどアテにならないものはありません。 そして、今の自分の判断基準や考え方で何かを実現しようとすればするほ...

役割を捨ててみよう

ほとんどの人が「一度与えられた役割はこなし続けないといけない」と思っています。

そのため、もう既に自分の身の丈の合っていない服やお気に入りではない服をせっかく買ったんだから来なくてはいけないんだという感じで、ずっと役割を着続けているのです。

それはまるで、大人になった自分が小学生時代の洋服を着続けているようなものなのです。

役割を重んじすぎるがあまり、ブロック・枠・制限をかけてしまっていることがあります。

あなたはどうでしょうか?

潜在意識と引き寄せが味方になる役割を捨てるべきサインとタイミング仕事・恋愛・友人・家族関係・・・。 人生において「上手くいく人」とそうではない“残念な人”の違いってなんだろう? 今回は、その違...

ステップ4:望みを明確にする(オーダーする)

自分を癒やし膿を出し、ブロック・枠・制限を外したら、いよいよ人生という名のキャンバスが真っ白の白紙に戻ります。ここからはいよいよ絵を描いていく作業です。

実際に実現したい現実を明確にしていきましょう!

叶えたい現実の望みが明確になっていなければ、引き寄せるモノがぼんやりした事柄ばかりになったり、チャンスやキッカケに気づくことができません。

叶えたい現実の望みが明確になっていれば、引き寄せるモノの精度が上がり、チャンスに気づきやすくなります。

「明確さは力です」

明確になっていなかったり多くを望みすぎると、意識が散漫になり、キッカケに気づけていない現象も起きます。

望みを明確にする方法

望みを明確にする(オーダーする)ためのヒントをいくつか散りばめておきます。

マズローの欲求5段階説を初心者でも分かりやすく徹底解説

マズローの欲求5段階説はご存知でしょうか?人間の欲求は5段階あると言われているものです。

自分が何を求めているのかを「やりたいコト・モノ」という観点で考える人が多いのですが、もっと根源にある欲求ベースで考えてみると、とても明確になります。

各ステージによって本当の欲求が異なります。

例えば「お金が欲しい!」という望みの奥にある本当に望んでいるものが、各ステージによって違うので、欲求レベルまで明確になっていると引き寄せやすくなります。

マズローの欲求5段階説を初心者でも分かりやすく徹底解説この記事ではマズローの欲求5段階説について具体的な事例やエピソードを交えながら分かりやすく解説しています。 マズローの欲求5段階説...

また欲求によって「課題」が異なるので、合わせてチェックしておくと、より望みが明確になります。

本当に欲しいものは一体何でしょうか?

課題の分離とは?上手に出来るやり方・方法を分かりやすく徹底解説課題の分離について詳しく解説します。 なかなか難しい話なので、出来る限り分かりやすく噛み砕きますが、どうしても分からないことが出て...

やりたいことリストを書くと叶いづらくなる理由

願望を実現したい願う多くの人が「やりたいことリスト」を作成しますが、やりたいことリストの作成は、願望が実現する確率が低くなってしまうデメリットが存在します。

なぜなら「やりたいこと」は「やりたい」で終わってしまい「やる」にはならないからです。

願望が実現される方向ではないんですね。

なぜ、やりたいことリストがNGなのか理由を解説しつつ、願望実現しやすい「やることリスト」の書き方をご紹介しています。

願望実現のためのやりたいことリストはNG!引き寄せ加速のやることリストの書き方願望実現において「やりたいことリスト」「夢リスト」を書くのが、第一ステップで大事と言われていますが、実は叶わない種をまいていることになり...

夢は知識。望みが明確にならないなら色んな人・モノ・情報に触れてみよう

僕自身、これまで世界二周をしてみて、改めて確信したのが「世界を知れば知るほど、知らない世界がもっと広がる」ということでした。

もし、自分の望みが明確にならない場合は

  • 今ある選択肢だけしかないと思い込まないこと
  • 知らない世界との接点を積極的に作ること
  • やりたいことがないと焦らないこと

を大切にされてみてください。

今ある窮屈感や違和感を感じるような選択肢の中からやりたいことを見つけようとするのではなく、もっと世界を知ってからでも遅くはありません。

世界を知っていくプロセスで、やりたいことに出会えることがたくさんあります。

まずは徹底的に世界を知る活動をしてから、改めてやりたいことを決めてみませんか?

やりたいことが見つからない3つの理由|あなたはどれに当てはまる? 「やりたいことが分からない・・・」 「やりたいことが見つからない・・・」 僕自身も高校卒業手前から社会人4年目まで合...

ステップ5:信じる

望みを明確にした次にやることは、信じることです。

とにかく信じて信じて信じて信じ切ることです。自分の人生を一番近くで信じてあげられる人は自分です。

自分が信じてあげることができなければ、誰が信じてあげることができるのでしょう。

ポイントは3つです。

  1. 手に入ったごっこをする
  2. 遅れの法則がある
  3. 根拠のない自信でもOK

手に入ったごっこをする

すでに手に入れたと信じ、手に入れた時の感情を先取りして味わい、手に入れたように振る舞いましょう。

「手に入ったよ!ありがとう」を連発する

人の脳は矛盾する2つの事実を認識した時に、その矛盾に不快を感じて、矛盾を解消するように働きます。

そのため、まだ手に入っていなくても「手に入ったよ!ありがとう」を連発していると、矛盾を解消しようとして、手に入れる速度を加速させます。

結果的に「手に入ったよ!ありがとう」を連発していると、発している言葉の通り、感謝に溢れた人生を創り上げていきます。

感謝の言葉をとにかく連発してみてください。

3つのワークをする

さらに実現までのスピードを加速させるために、以下3つのワークに取り組んでみてください。

  1. 手に入れている自分はどんな人格ですか?
  2. 手に入れている自分はどんな感情になっていますか?
  3. 手に入れている自分はどんな考え方を持っていますか?

上記質問に答えてみて、もし今の自分とギャップがあるなら、しっかりと埋めていく作業をしていきましょう。

引き寄せの法則は「be=feel+do+have」です。

しかし「今はまだ手に入っていないから【ない】としか思えない」と小言が出てきてしまうことがあると思います。

本当にそうでしょうか?実は同じようなことを実生活でも似たようなことを行っています。

例えば、あなたが旅行に出かける計画を立ててホテルを予約した時、まだ旅行まで日数があるのにホテルに泊まれると確信しますよね?

Amazonや楽天で欲しい商品を注文した時、まだ手元に届いていないけれど、自分のモノになると確信しますよね?

手に入るかどうか心配したり疑ったりすることがないと思います。

引き寄せの法則も原理は全く同じなので、信じることが大切です。

遅れの法則がある

便利になりすぎた現代だからこそ、望みをオーダーして叶うまでに遅れがあると心配したり不安になったりすることがあると思います。

手に入るかどうかを疑うと、疑いが大きくなる状況を引き寄せて、結果的に手に入れることができなくなってしまいます。

そんな時は遅れの法則があると理解しておきましょう。

根拠のない自信でもOK

引き寄せたい状況を引き寄せるためにあなたがする仕事は、とにかく信じることです。

実現までのプロセスを考えるのは、あなたの仕事ではありません。

発信してキッカケを辿って受け取るのがあなたの仕事です。

ここに自信や根拠は必要ありません。根拠はどんどん埋まっていくからOKです!

ステップ6:キッカケに気づく

  • インスピレーションが湧く
  • 他人から運ばれてくる
  • ダサく見えることかも

キッカケは主に2つあります。

  1. 自分のインスピレーションやアイデア
  2. 他人から運ばれてくる

自分のインスピレーションやアイデアは分かりやすく「こんなことやってみたらどうだろう?」というひらめきや直感が出てきます。

出てきたら即座に行動に移してください。

少し残念なお知らせかもしれませんが、他人から運ばれてくるキッカケは、カッコいいものだけではなく、時にホームレスのような顔をしてやってくることがあります。

とにかくダサく見えたり、地味に見えたり「えーー、これがキッカケ??」と思うようなことが意外とたくさんあります。

そんな時は自分に問いかけてみてください。

「キッカケ選びにこだわる?それとも結果にこだわる?」と。

また、キッカケと一緒に問題やお試し、落とし穴も運ばれてくることがあります。

下記記事が地図と道しるべになることがあると思うので、ぜひ読んでみてください。

自分のやりたいこと・夢を反対するドリームキラーを引き寄せる3つのメッセージ

ドリームキラーはつきものですが、あなたの場合はいかがでしょうか?

ドリームキラーからのメッセージを知れば、だいぶ心が軽くなるはずです。

自分のやりたいこと・夢を反対するドリームキラーを引き寄せる3つのメッセージ「自分のやりたいこと、進みたい道がある」これって素晴らしいことだと思うんです。 僕は、自分のやりたいことや進みたい道を見つけるのに...

他人の目が気になってブレーキがかかる

キッカケを引き寄せるステージで、自分自身を上手に走らせることが出来ないと

「キキキーーッ」

とブレーキがかかったり

「ポキッ」

と心が折れてしまうことがあります。

僕の場合は『どうしても人の目が気になる病』という場所からなかなか抜け出せず、キッカケに出会ってもなかなか前に進めませんでした。

キッカケはバンバン引き寄せるけど、人の目が気になって乗っかることができない・・・。という時期があって相当苦しかったです。

他人の目を気にする人必見!一瞬で他人の目が気にならなくなる3つの考え方他人の目が気になって やりたいことがやれない 伝えたいことが伝えられない と悩んだことはありませんか? 僕自...

逆引き寄せ・負の連鎖への対処法

望みを明確にするとキッカケを引き寄せるようになる。

すると、望んでいることと逆の引き寄せが起こったり、いつの間にか負の連鎖にズルズルと引きずられる現象が起きることがあります。

そんな時は、もう一度、正の連鎖の流れに乗るにはどうしたらいいか?は覚えておいて損はありません。

そして、負の連鎖が起こるメカニズムと回避方法も合わせて知っておくと、ムダに失敗しなくて良くなります。

  • 負の連鎖の脱出法
  • 正の連鎖を意図的に起こす極意

下記記事では、傾向と対策をお話していますので、出来るだけご自身の過去や現実を振り返りながら読んで頂くと効果大です。

負の連鎖から抜け出して正の連鎖に好転させる方法負の連鎖が起こるメカニズムと正の連鎖が起こるメカニズムについて潜在意識レベルで解説していきながら、負の連鎖から抜け出し正の連鎖に好転させ...

色んな問題を引き寄せる理由と潜在意識レベルで解決する方法

次々と問題を引き寄せる根本には「自分の気づいていない【答え】を知りたい」という欲求があります。もっと言うと、答え合わせをしたいという欲求です。

なぜ、答えを知りたいと思うと問題を引き寄せるのかは明確な理由があります。

色んな問題を引き寄せる理由と潜在意識レベルで解決する方法「なぜ次々と色んな問題を引き寄せるんだ?これは潜在意識レベルで何が行われているの?」 という疑問にお答えします。 答えを知りたい...

うまくいかせようする執着を手放そう

「うまくいかせたい!」と思えば思うほど、うまくいくための「新しい道」「新しい機会」「新しいチャンス」が目の前にやってきてくれています。

しかし、うまくいかせるための思いが強すぎて、執着が強くなればなるほど、目の前の可能性が影となって見えなくなり、問題が浮き出てきます。

つまり、うまくいかせたい!という強い思いが可能性に執着するならいいのですが「問題に執着」すると、問題解決しないと次に進めないと思い込んでしまうのです。

引き寄せの法則ができない時はうまくいかせようする執着を手放そう僕自身が引き寄せの法則がうまくいかない体験談の中で、一番多く体験してきているのが 「うまくいくことを求めると、なぜか、うまくいかな...

テイカーの見分け方と撃退する3つの対策方法

テイカーという落とし穴には要注意。

http://shotayamagiwa.com/goodbye-taker

ステップ7:キッカケに乗る(行動)

  • プロセスを歩んでいる道のりは楽しい
  • 努力感をあまり感じない
  • タイミング、ノリ、勢いを大切に

引き寄せの法則を誤解している人で「じっとしているだけで手に入る」と思われている人がいますが、それは大きな勘違いです。

行動なくして引き寄せは起こりません。

というよりも、引き寄せの法則に則っていれば、引き寄せのプロセス自体がとても楽しく心地良いので、ウズウズして自然と行動したくなるものです。

執着いっぱいの自分に基づき、流れに逆らったり何も行動しなかったりしていると、困難と葛藤を感じる状況をたくさん引き寄せます。

しかし、引き寄せの法則とは川の流れに乗っているような感覚です。

受け取るにふさわしい周波数上にいれば、つらくないし努力感もないし、導かれるように行動していけます。

自分に価値がないわけではなく選択を間違っているだけかもしれないと考えよう

なかなか上手にキッカケに乗れないと「やっぱり自分はダメなんじゃ・・・」と思うかもしれませんが、自分を疑うのではなく選択を疑ってみてください。

これは大げさな話ではないのですが、日本からアメリカ旅行に行こうとしているのに、車で海を渡ろうとしているような人がたくさんいます。

さすがに車は海の上を走れませんよね。

選択を間違っていないか落ち着いて振り返ってみてください。

引き寄せが実現できない自分に価値がないわけではなく選択を間違っているだけだから落ち込むな何かを実現しようと思っても、なかなか実現できない自分にイライラしたり、自分には価値がないと、自分を責めてしまうことはありませんか? ...

8:受け取る

  • 自分にふさわしいものだから手元にやってくる
  • 一切の遠慮を捨てて喜びまくる
  • 受け取るのはあなたの責任

目の前に手に入れたい状況がやってくると急に怖くなって受け取らない人がいます。

そうなんです。人は悪くなることよりも良くなることに怖れを抱く生き物なのです。

受け取れない理由の大半は、受け取ることに対する罪悪感や遠慮から来ています。

「自分なんかが手に入れていいの?」「手に入れたら大変なことが起きてしまうのでは?」

などです。

大丈夫ですよ!何も悪いことは起きません。

手に入れるに値するから手の届くところに用意されているんだよ!

そして、もし自分が神様だとして、何かを望んでいる人に与えて遠慮されたり受け取ってもらえなかったらどう思いますか?

「なんだ、欲しいと言ってたのはウソなのか。もうショックすぎるからこの人には与えないようにしようかな・・・」

とならないでしょうか?

ありがたく受け取りましょう(^^)

9:分かち合う

  • 流れをせき止めると腐敗する
  • 分かち合い循環させることで大きくなる

受け取ったものはどんどん分かち合っていきましょう。

エネルギーを循環させていくと、さらにそのエネルギーに見合った状況を引き寄せていくので、雪だるまのように豊かさが大きくなっていきます。

川と同じで自分のところでせき止めてしまうと、濁り、腐敗していきます。

分かち合いをして循環を作り、どんどん流れを作っていきましょう。

モノをあげたりお金を与えるだけではありません。

自分が培ってきた知識・知恵・スキルでももちろんOKです。

まとめ

今の経済状態を良くしたければ、まず、現状の経済状態に良いところを見つけて、その中に豊かさ・ありがたさ・幸せ・楽しさ・面白さを感じる必要があります。

同じように、今の人間関係状態を良くしたければ、まず、現状の人間関係の状態に良いところを見つけて、その中に豊かさ・ありがたさ・幸せ・楽しさ・面白さを感じる必要があります。

同じように、今の健康状態を良くしたければ、まず、現状の健康状態に良いところを見つけて、その中に豊かさ・ありがたさ・幸せ・楽しさ・面白さを感じる必要があります。

どんなに小さなことからでも、そこで感じた色々なものが次の更なる大きな扉を開いていくのです。

一発逆転を狙って、すぐに、短期間で、簡単に状況が変わることを望む人もいますが、それは無理です。不可能です。なるべく捨ててください。

ちまたに溢れているマーケティングに振り回されないでください。

あなたの現実は、あなたのプラスの波動や内面性に伴い、少しずつ好転の方向に向かっていきます。

結果として、雪だるま式に半年後や一年後には大きな変化になっています。

楽に簡単に短期間で現実が変わっていくようになるのは積み重ねの結果です。

いきなり「フルマラソンを走れ!」と言われても無理なように、いきなり「大きく変われ!」と言われても無理なんです。身体も心もついていきません。

マラソンを初めて徐々に走れる距離が伸びて、タイムが短縮されていくように、現実も同じです。

今より、ちょっと、いい気分。今より、ちょっと、心地いい気分を選択する。

これを意図的にやるのです。意識し続けるのです。

この基本姿勢を日常の中でいつも意識して実践してみてください。

決して「現状に満足しよう!」と言いたいわけではなく、人生を本質的に改善していくための第一歩なんですね。

自分が良い気分で居続けることが「自由・豊かさ・幸せ・楽しさ・面白さ・喜び・嬉しさ」の追求に必須なのです。

自分の願望に応じて好きなだけ追求していくためには、欠いてはならないことなんですね。

  • 夢を叶えよう!
  • 願望を実現しよう!
  • 目標達成をしよう!

と、考えると未来ばかりに意識が向いて現状把握がおごそかになりがちです。

大きな未来は小さな今の積み重ねということを忘れないで欲しいんですね。

楽しい未来のために今を我慢して生きるのではなく、今を良い気分で過ごすから最高の未来がやってくるのです。

何回も何回も何回も何回もしつこくしつこくしつこく、呪文のようにお伝えしますが、あなたの考え方や感じ方が現実をつくっていきます。

なので、今と違う人生を望むなら、あなたの内面を変えていく必要があるのです。選んでいる感情を変えていく必要があるのです。

まずは、自分の考え方や感じ方に気づいて現状把握をすること。

そして、現状のプラスの面に焦点を当てていくこと。

これは引き寄せの法則の基本手順だということを覚えておいてください。

ここが抜けていると空回りし続けますので、きちんとチューニングしていきましょうね!