ブログ

ブログ記事のアイキャッチ画像を設定する理由とおすすめ無料作成ツール

当記事では、ブログ記事のファーストビューで大切な「アイキャッチ画像」を設定する理由とおすすめ作成ツールをご紹介します。

アイキャッチ画像は、ブログ記事のインパクトを与え、SNSでシェアした時に「おっ!」と目を引く役割がありますので、必ず各記事に設定しましょう。

アイキャッチ画像を設定する理由

アイキャッチ画像を設定する理由は2つです。

  • 目を引くインパクトを与える
  • SNSで興味を引く役割がある

ランチを食べるために街中をフラッと歩いている時に、お店の前に出ている看板を見て足を止めるかどうか決まると思います。

お店の前に出ている看板は、お客様を店内に誘導するための大切な仕掛けで重要な動線です。

アイキャッチ画像は、お店の前に出ている看板と同じです。

アイキャッチ画像は、読者さんを記事に誘導するための仕掛けなのです。

1:目を引くインパクトを与える

アイキャッチ画像は、ブログ記事の最初に表示される部分です。

最初に表示される部分で「どんな記事なのか?」を画像一枚でパッと印象づけることができれば、読者さんの心を鷲掴みでき、記事を最後まで読んでもらいやすくなります。

アイキャッチ画像を設定すると上記のように表示されます。

ブログ記事のタイトル下に表示されるだけではなく

  • ブログ一覧が表示されるページ
  • ブログカード

にも表示されます。

アイキャッチ画像を設定していないと、上記のように表示されます。

かなりダサいというか魅力が伝わらず目を引くインパクトがゼロなので残念な感じですよね。

アイキャッチ画像には、インパクトを与えるような画像を設定しましょう。

2:SNSで興味を引く役割がある

Twitter、FacebookなどのSNSに記事をシェアすると、アイキャッチ画像が表示されます。

その際、アイキャッチ画像が設定されていないと無機質状態なので、興味を引くことなく流れていってしまいます。

上記はアイキャッチ画像を設定していないブログ記事をシェアして表示される状態です。

上記はアイキャッチ画像を設定してブログ記事をシェアして表示される状態です。

パッと見て比較するとイメージしやすいですよね。

どっちが興味を引きやすいかは一目瞭然。アイキャッチ画像を設定している方です。

自分がシェアした時だけではなく、誰かがシェアしてくれた時にも表示されるものなので、必ず設定しておきましょう。

効果的なアイキャッチ画像

効果的なアイキャッチ画像を設定することを考えると、派手にしなきゃいけないと思う人が多いです。

半分正解で半分不正解です。

闇雲に派手にすればいいというものではありません。

それよりも、イメージが伝わりやすいかどうかを考えて設定します。

そのために、写真だけの方がいいのか、文字を入れた方がいいのか変わってきます。

色んなブログを見て「これはいいな」と感じるアイキャッチ画像を研究しましょう。

アイキャッチ画像を設定する時は「著作権」に注意

アイキャッチ画像を設定する時は「著作権」に最大の注意を払ってください。

  • 誰かが撮影した写真
  • 誰かが作成したイラスト

などを使用する時は、著作権があるかどうかをきちんと調べてから作成しましょう。

著作権のあるものを悪意なく知らずに使用していたとしても、最悪の場合訴えられてしまうことがあります。

芸能人や有名人の写真、テレビのスクショなどもNGです。

そのため、アイキャッチ画像を作成する際は

  • 自分で撮影した写真
  • 自分で作成したイラスト

を使うようにします。

そうすれば著作権に引っかかることはありません。

でも、全部自分で写真撮影するって難しくね?

そもそもイラストなんて描けないよ!?

と思うはずです。大丈夫です。きちんと抜け道があります。

フリー素材を使いましょう。

フリー素材サイトの写真やイラストは、著作権フリーなので、そのまま使っても問題ありません。

そうすれば簡単にアイキャッチ画像を作成できます。

無料で使えるおすすめのフリー素材サイト

無料で使えるおすすめのフリー素材サイトを種類に合わせてご紹介します。

  • 写真
  • イラスト

どれも僕がよく利用しているサイトです。

写真

イラスト

無料で使えるおすすめの画像編集ツール

「フリー素材で使える素材は用意できた!でも、自分好みに編集したり文字を入れたりしたい!」

と思うかもしれません。

また、フリー素材をそのまま利用していると、どうしても他の人と被ることが出てくるので、よりオリジナリティを追求するために加工するのは大切です。

そんな時に無料で使える超便利ツールをご紹介します。

おすすめツールはCanvaです。

リンク:Canva

オシャレなテンプレートがたくさんあるので、レイアウトやデザインをいちいち考えなくていいし、直感的に操作できるので編集もめちゃくちゃ簡単にできます。

パソコンでもスマホでも作成可能です。

Canvaを使ってアイキャッチ画像を作成する手順

1:Canvaにアクセスする

まずはこちらからCanvaにアクセスします。

リンク:Canva

2:「YouTubeサムネイル」を検索する

Canvaのトップページ上部の検索窓に「YouTube」と入力します。

YouTubeに関する項目が複数表示されるので「YouTubeサムネイル」をクリックします。

「え?YouTubeじゃなくてブログ用なんだけど?」と思うかもしれませんが、問題ありません。

YouTubeサムネイル用のサイズがブログアイキャッチ画像のサイズにもピッタリなんです!

3:使いたいテンプレートを選ぶ

すでにデザインが施されたテンプレートが一覧で表示されます。

その数なんと500以上!

好みのテンプレートを画像部分をクリックすれば、編集画面に移動します。

4:画像編集をする

テンプレートを選んだら編集ができます。

  • 画像の入れ替え
  • フォントの変更
  • 文字サイズの変更
  • 文字色の変更
  • 文字の太さの変更
  • 文字枠を入れる
  • 文字に影を入れる

など、幅広く編集ができます。

上記テンプレートで試しに作成してみたものが以下です。

フォトショップが無くてもいい感じに編集できますよ!

5:編集画像をダウンロードする

編集が終わったら上部メニューバーにある①の「ダウンロード」をクリックして②の「ダウンロード」をクリックすれば、パソコンにダウンロードされます。

そのまま画像をアップしてアイキャッチ画像に設定すればOKです。

まとめ

アイキャッチ画像は、お店の前に出ている看板と同じです!

お店の前に出ている看板は、お客様を店内に誘導するための大切な仕掛けで重要な動線です。

ブログも同様、アイキャッチ画像は、読者さんを記事に誘導するための仕掛けです。

必ず各記事に設定しましょう。

その際は、著作権に細心の注意を払ってください。

  • 自分で撮影した写真
  • 自分で作成したイラスト
  • フリー素材

を利用すれば簡単に作成できます。

また、編集はCanvaを利用すれば、デザインや配置を考える手間なく簡単に編集できるので、ぜひ活用してみてくださいね。