キャリア

転職サイト・エージェントのおすすめを目的別に厳選

転職のために転職サイトを探しているものの、サイト数や会社が多すぎて、どこを利用すれば良いかわからないと迷子になりますよね。

また、転職サイトによって、各社の特色があるため、自分に合った転職サイトを比較検討して探すのも大変です。

そこで当記事では、本当におすすめできる転職サイトをまとめました。

転職サイト選びのご参考になれば幸いです。

【総合版】転職サイトのおすすめ5選

  • リクナビNEXT
  • リクルートエージェント
  • doda
  • ビズリーチ
  • マイナビ転職

一つずつ見ていきましょう。

リクナビNEXT

リクルートが運営する業界最大規模の転職サイトです。

掲載求人数は、最も多い求人情報を掲載しています。

リクナビNEXT内にある会員限定の自己分析ツール「グッドポイント診断」は自分の強みが驚くほど分かると評判が高いです。

リクルートエージェント

国内最大手の総合転職エージェントサイトです。

転職サイトである「リクナビNEXT」との連携ができ便利です。

担当コンサルタントの営業力が非常に高いので、確実に転職すると決めていない方には苦しく感じることもあります。

しかし、良質な求人案件を引っ張ってきてくれたり、企業人事に推してもらうことが期待できます。

doda

パーソルキャリアが運営する大手転職サイトです。

転職サイトと転職エージェントの両方をバランス良く兼ね備えています。

求人数は業界で2番目に多いです。

掲載されている求人の取材レポートが魅力的なのが特徴です。

ビズリーチ

年収600万円を目指す方におすすめの転職サイトです。

求人検索機能に加えて、ヘッドハンター検索やスカウト機能もあります。

転職サイトと転職エージェントの両方に使えます。

マイナビ転職

マイナビが運営する転職サイトです。

未経験でも応募できる求人が多く、20代におすすめです。

また、地方の求人にも強いため、地方での転職活動には重宝します。

転職エージェントサイトのおすすめ4選

  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア
  • type転職エージェント
  • JACリクルートメント

一つずつ見ていきましょう。

マイナビエージェント

中小企業の求人案件にも強い転職エージェントサイトです。

マイナビ転職同様に、地方に強いです。また、20代〜30代向けの案件が多いです。

特に20代〜30代で地方での転職を考えている場合は、とても役に立ちます。

パソナキャリア

大手の中でも初めての転職に親身だと好評の転職エージェントサイトです。

親身がゆえに転職を確実に決めたい人だけではなく、転職検討段階の人にも手厚く対応してくれます。

転職エージェントという言葉を聞いて、ハードルが高く感じる場合は、パソナキャリアから始められてみるといいと思います。

type転職エージェント

大手企業の求人案件が多い転職エージェントサイトです。

特に都内の求人案件に強いです。

しかし、地方には弱いため、地方の転職を希望する場合は、マイナビ転職やマイナビエージェントがおすすめです。

JACリクルートメント

外資系転職サイトで国内実績No.1です。

ハイキャリアの求人案件では間違いなく質・量・サービスが国内トップレベルです。

年収が600万円以上あり、さらに年収を高めたい方に最適です。

20代別におすすめな転職サイトと転職エージェント2選

  • マイナビジョブ20’s アドバンス
  • ミイダス

一つずつ見ていきましょう。

マイナビジョブ20’s アドバンス

20代に特化した転職エージェントサイトです。

経験年数が浅くても、親身に対応してくれます。

転職に慣れていない方でも、職務経歴書や履歴書についてアドバイスをもらうことができます。

20代の初めての転職におすすめです。

ミイダス

44万人が登録し、法人15万社が利用する転職支援サイトです。

独自の自己分析ツールがあり、自分の職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなどを分析できます。

自分の市場価値と活躍できる場を分析できるので、転職する業界が決まっていない場合はおすすめです。

職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要です。

IT・Web系におすすめな転職サイト

Green

IT業界トップの求人案件のある転職サイトです。

IT業界で幅広く求人を探したい人はぜひ。

転職サイトを利用するメリット・デメリット

転職サイトではなく、企業の自社HPからしか求人をしていない企業もあったりします。

全ての求人をカバーしているわけではないため、見落とすことがあるのはデメリットです。

しかし、転職サイトの無料診断ツールなどで、自分の市場価値や適職を知ることができるのはメリットです。

また、求人企業を素早く把握できたり、企業からの返信が早いので時間短縮もできます。

転職エージェントサイトを利用するメリット・デメリット

転職エージェントサイトは、求職者が転職を決めることで求人企業から報酬を受け取ることで成立しています。

転職が決まらないと売上にならないため、求人企業の見せ方を多少魅力的にしている場合もあります。

だからこそ、自分の意思では選ぶことがなかった企業との素晴らしい出会いがあるのも事実ですが、しっかりと自分の軸を持っていないと流されてしまうこともあるので注意が必要です。

「転職エージェントの営業が強くてしんどい」という口コミもありますが、自分軸を持っていればブレることなく、営業の強さを感じることもなく、対等に話し合えるのは言うまでもありません。

あくまでも、転職エージェントを活用するという意識をしっかりと持っておけば、転職エージェントを利用した転職活動は半分成功と言えます。

転職エージェントに活用されてしまうと、ミスマッチが起きてしまい、悲惨な転職になるどころか、求人企業にも回り回って迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

なので「活用する」という意識を忘れずに持っておきましょう。

また、転職エージェントを利用する目的の一つに「年収アップ」があると思います。

年収交渉は自分で交渉するより転職エージェントに任せたほうが上がりやすいというのが、先人たちの知恵です。

交渉力の高いエージェントを味方にして活用させてもらいましょう。

まとめ

今回紹介した転職サイトや転職エージェントは「転職」が頭によぎったら、登録しておくことをおすすめです。

珍しい求人がタイミング良く出ることがあり、貴重な運を掴むキッカケになります。

また、転職サイトや転職エージェントサイトは、転職する目的や年代を考えて登録しましょう。

転職目的や職種が明確になっている場合は、目的に合わせたサイトを選ぶとスムーズです。

転職目的や職種が明確になっていない場合は、親身に寄り添ってくれるサイトを選ぶと良いと思います。