引き寄せの法則

引き寄せの法則は一発逆転の法則ではありません【無理禁物&心地良さ重視】

引き寄せの法則を上手に使いこなせれば、簡単に人生が一発逆転すると考える人が後を絶ちませんが、それは幻想です。

引き寄せの法則に一発逆転はありません。

その理由を述べながら、一体どうしたら上手に引き寄せの法則を使いこなせるかについて詳しく解説していきます。

【要注意】一発逆転にはリバウンドがつきもの

引き寄せの法則と聞くと「一発逆転!」と多くの人が考えるせいか、ほんの数時間後、数日後に人生がスパッと好転するモノと勘違いされがちなのですが、それはあり得ません。

むしろ、一発逆転を狙えば狙うほど負の連鎖ループに陥ってしまう罠なんですね。

悪いことは言いません。人生で一発逆転を狙うのはやめましょう。

なぜなら、もし、仮に一発逆転があったとしても、そのステージにふさわしい自分の在り方が整っていないと、現実についていけずに、すぐに元に戻ってしまいます。

例えば、ダイエットで短期的に痩せたとしても、自分の在り方が整っていないとダイエット前の自分に戻ってしまったり、最悪の場合、リバウンドしてしまうのと同じです。

一発逆転のような出来事が起こってしまったせいで、もっと悪い状況に陥ってしまうこともあるんですね。

なので、遠くにある一発逆転を求めるよりも、目の前にちょっと良くなることに焦点を当てまくるんです。

「人生を積み上げる」という意識が全てです。

イメージングだけで願望を引き寄せられたら誰も苦労しない

例えば、お金の引き寄せに関して

「自分はお金持ちだとイメージングして信じ込めば、その現実を引き寄せることができるよ」

と教えている人が多くいますが、そんなの嘘に決まっているじゃないですか。

もしくは言っている本人自身は、ぶっちゃけよく分かっていないけど

「尊敬する人がみんな言っているし」

という理由で、受け売り言葉で悪気なく語っていたりします。

で、なかなか引き寄せられないと

「イメージングの力が足りないんだよ」

みたいに言われたりして。でも、それが出来ないから多くの人が試行錯誤しているわけです。というか、そもそも、論理破綻しまくっています。

どの程度論理破綻しているか分かりやすくお伝えすると・・・

小学生がメジャーリーガーで大活躍している投手からホームランを打ちたいと願っています。

その小学生に対して

「いいか、あの投手の投げる球をイメージするんだ。豪速球かもしれないけど、球をよく見れば止まって見えるはずだ。そして、投げた球を打ち返してホームランになったイメージをしまくるんだ。」

と指導しているコーチがいたら、あなたはどう思いますか?

「いや、いくらなんでも無理があるでしょ。てか、事故るから!」

と思うのが普通でしょう。

でも多くの人が同じことをやっています。

いきなり大きな獲物を狙いすぎなんですよね。いきなり大きな獲物を狙うと確実に事故ります。笑

望む未来を思い込むのは限界があるから今より「良い気分」になれるコトを探していく

よくある成功哲学や成功者の教えの一つに

「富を引き寄せたいなら自分の経済状態は豊かだと思い込みましょう!」

というのがありますが、いきなりそれを思い込むのは苦しかったり無理があるなと感じたことはありませんか?

無理なら無理に思い込む必要はありません。無理はしないこと。これを死守しましょう。

なぜなら、いきなり現実味のないことをイメージしろと言われてもイメージ出来なくて当たり前。重く苦しくなるだけです。

だってイメージできないものはしょうがないじゃないですか!

しかも、自分の奥にいる潜在意識ちゃんが

「いや、無理だとおもってるくせに何言ってんだよ」

とざわつき始めてしまうので、そちらに引っ張られてしまいます。

なので、自分の信じられる範囲で少しだけ気分の良くなるコトを見つけることがポイントです。

例えば

「生活は苦しいかもしれない。でも、毎日ご飯は困らずに食べているなぁ」

「生活は苦しいかもしれない。でも、昔よりは良くなってきてるなぁ」

「生活は苦しいかもしれない。でも、今日は大好きなあの人と話すことが出来たなぁ」

「生活は苦しいかもしれない。でも、少し節約したら欲しいと思ってた〇〇を買えそうだ」

という感じで、今よりほんの少しでOKです。いい気分になれるコトを主体的に探していくのです。

良い気分でいるから良い方向に焦点が合い、良いヒト・モノ・コトを引き寄せる好循環連鎖のループが回る

少しでも自分の気分が良くなり、自分の中で抵抗が起きない、自分が苦しくならない程度で本当のことであれば何でもOKです。

「生活は苦しいけど1年後は月収100万円のはずだ」

と思うと

「そんなことあるわけないだろ、バカモノ」

と、潜在意識レベルで抵抗が起きます。その時点でメンタルブロックがガッチリかかってしまうので、アウトなわけです。

ですが、先ほど例に挙げたように、今よりほんの少し気分が良くなるものを見つけることができれば、特に抵抗を感じることなく取り組めるはずです。

「金銭的に生活は苦しいかもしれない。でも、スマホを使ってブログは読めているな。」

でもいいですよね。

これなら、このブログを読んでくれている方全員に当てはまりますよね。

引き寄せの法則は常に正確に働いているので、あなたが少しでも気分が良くなれば、それ相応の気分の良くなる現実が引き寄せられてきます。

  1. 良い気分でいれる状態を作る
  2. 気分が良くなる状態をキープ
  3. 良い方向に焦点が合う
  4. 良いヒト・モノ・コトを引き寄せる
  5. さらに良い気分の状態をキープ
  6. さらに良い方向に焦点が合う
  7. さらに良いヒト・モノ・コトを引き寄せる
  8. 好循環連鎖のループ

という順番です。

この好循環連鎖のループに入っていると、それに伴って自分の状態にふさわしいシンクロニシティが起き始めます。

少しずつ引き寄せレベルを広げていく

なので、少しずつやりましょう。

「少し気分の良くなることを探す」

ここがスタート地点です。

最初は「え?こんなことやって何の意味があるの?」と思う程度のものから少しずつです。

雪だるまをつくるように、少しずつ取り組んでいるうちに、自分の在り方が無理なく整い、どんどん現実が好転していくスピードがアップしていきます。

「生活が苦しい」と思っていれば「苦しい生活」が現実となりますが、苦しい生活の中に「気分が良くなる部分」を見つけて焦点を当てる場所を変えるんです。

ちょっと気分の良くなる方向に向けるんです。

1円も損をしないので、騙されたと思ってゲーム感覚で楽しみながら取り組んでみてくださいね。

まとめ

人生に一発逆転を求めると、事故がセットでついてきます。

なので、事故りたくなかったら、今より少し気分の良くなることに焦点を当てて、人生を積み上げていきましょう。

今に集中。ここに集中。

地に足のついた引き寄せ使いは人類最強ですからね。