潜在意識

潜在意識レベルで見る怖れの正体が「恥」である理由

多くの自己啓発系の本やブログ、YouTubeでは「目の前に起きる出来事は、全てチャンス!」ということを言われていますが、半分本当だけれど、半分ウソである。

というお話を交えながら、怖れの正体が潜在意識レベルから見ると「恥」であるという理由ついて迫っていきます。

怖れは「恥をかきたくない」からやってくる

何かを目指したり挑戦する時に、一番自分の歩みを止めるのは何だと思いますか?

それは「怖れ」ですよね。

大なり小なりチャレンジの裏側には、必ず怖れがあるわけでして、怖れがないチャレンジは、もはやチャレンジとは言えません。

例えば、恋愛の場面に置き換えると・・・

  • うまくいかなかったらどうしよう
  • デートを誘って断られたらどうしよう
  • 好きな人に批判されたらどうしよう
  • 費やした時間が無駄になったらどうしよう

など、ドキドキする場面ってたくさんありますよね。

挙げ出したらキリがないほど恋愛において「怖れ」を抱く場面があります。

じゃあ一体、なぜ怖れを抱いてしまうかをもっと根本まで辿ると

  • うまくいかないのを怖がる自分
  • 断られるのを怖がる自分
  • 批判されるのを怖がる自分
  • 無駄になるのを怖がる自分

というように、潜在意識下ではダサい自分が表面上に浮かび上がってくるのを怖れているわけなんですよね。

つまり、恥をかきたくないんです。「怖れ」とは、自分の中にある恥であると。

そういう視点で見ると、チャレンジとは「恥」がセットで付いてくるものです。

進化成長は「恥と出会う旅」だ

何かに挑戦すると、必ず「恥ずかしい」に直面します。

恥ずかしいには2種類あって

  • 失敗した姿を他人に見られる恥ずかしさ
  • 過去の未熟な自分に直面する恥ずかしさ

と必ず出会います。

進化成長には、恥ずかしい自分、ダサい自分を受け入れるタイミングが必ず伴うものなんですね。

進化成長するということは、日々自分がアップデートされていくわけでして、過去の自分がダサくなっていくもの。

いや、過去の自分がダサく見えていくもの・感じるようになるものなんです。

例えば、ブログをやっている僕たちは、過去のブログ記事を見返して

  • 「なんじゃ、この恥ずかしい文章は!!!!」
  • 「何言ってっか意味不明だよ!!!!」
  • 「誰に向けて書いてんの!?」

となって、こっ恥ずかしくなることが日常なわけですが、この「恥ずかしい」が成長痛なんですよね。

チャレンジというのは「恥と出会う旅」でもあるわけですが、恥を感じる量と質があればあるほど、成長している証とも言えます。

ひとつの恥を超えれば世界が変わるのです。

世界が変われば経験するものが変わるのです。

経験するものが変われば収穫物が変わるのです。

怖れがない人はこの世にいない

僕は、ありがたいことにホームレスから大富豪まで色んな人と接する機会がありました。

そんな経験を通して、僕の勇気になっているある一つの人間の本質というのがありまして

「どこまで行ってもみんな怖れを抱えている」

ということなんです。

強そうな人でも、成功者でも例外なく「怖れ」を持っています。もちろん弱みを見せることはほとんどないので、怖れがあるなんて口が裂けても言えない人ばかりですが。

怖れへの立ち回り方=人生の差

人生の差をつくりだしていくのは、怖れに対して自分がどのように対処していくのかという部分が多大な影響を与えます。

言い換えれば「自分の恥ずかしい!」をどのように料理していくのか?です。

言ってしまえば、気持ち良く恥をかける器量があるとグングン進化成長していき、人生が面白いように好転していきます。

逆に、恥をさらけ出せない器量のままだと、進化成長が止まり、人生が面白いように停滞&悪転していきます。

「人は自分の器に合ったものしか手にすることはできない」

と、よく言われていますが、恥ずかしいことをどれだけ料理できるかで器のサイズ感が決まります。

自分の中にある「怖れ」に対応する一手ごとに、人生の差が生まれます。

過去の自分を超えてみよう

人生には、どこにいっても超えなければいけないものが確実にあります。

それは怖れと呼ばれたり、限界と呼ばれたり、壁と呼ばれたり、表現は様々ですが、集約すると一つになります。

「それを超えられなかった過去の自分自身」です。

実は「怖れ」と思っているものは、それ自体はたいしたことがなく、幻想なんですよね。

本当の意味でやっかいなのは「怖れを避け続ける自分自身」なのです。

「恥ずかしいことを避け続ける自分自身」なのです。

その幻想を自分で解いてあげられるか?変えられるのか?ということが、人生の課題です。

怖れに逃げないで

ほとんどの人が、かなりの被害妄想を繰り広げていて勘違いしてるってことなんです。笑

ビビっている自分自身のままで人生に変化なんて起きるはずがありません。

恥ずかしことって、笑い話になったり、共感を呼んだりするとても貴重な武器なのですが
、なぜかネガティブにとらわれがちです。

これはとてももったいない!

そして、ビビっている人ほど「じゃあどうしたら怖さを乗り越えられるのか?」ということを考えてしまいます。

  1. 怖れを消す
  2. 一歩踏み出せるようになる

という手順を正当化し、どうしたら、怖くなくなるのか?どうしたら、怖さを乗り越えられるのか?

と考えますが、これ、違います。論点ズレているんです。

問題の本質は「怖い」と思うものを乗り越えることではないのです。

「怖い」という感情に身を隠して「目の前にあるチャンスに精一杯チャレンジできなくなっている」ということが問題なのです。

もっと言ってしまうと「失敗することが恥ずかしい」という解釈が歩みを止めるわけですが、そもそもこの解釈自体が歪んでしまっているのです。

そう思いませんか?

変に自分でバイアスをかけて、自分で自分の首を締めていることに多くの人が気づいていないんですよ。

目の前にある本当は地味で、誰にでもできるようなことを色々な理由をつけて怖れのせいにして避けて生きています。

興味深いことなのですが、高いパフォーマンスを出している人たちと話をしていると「僕or私は恐がりだから」と言う人たちがたくさんいます。

高いパフォーマンスを出している人たちは真実を分かっているのです。

怖れがあると分かっているからこそ、自分の目の前のことに一生懸命になったり、戦略を練ったり、人を巻き込んだり地道な作業をしたりしています。

「怖れ」への対処法は人それぞれです。

チャンスがなくなる怖れに負けるな

いずれにしても、怖れがあるからこそ自分の強みを発揮することができる状態をつくれたら勝ちだということです。

でもね、みんな怖いんですよ。怖いのはあなただけじゃない。

口うるさい上司も、びくびくしている新人くんも、態度のでかいおばちゃんも、頑固なじいさんもみんな怖いものがある。

でも、恥ずかしさを「笑ってくれよな!」とオープンにしていけばいくほど、怖れを手放すことが出来ます。

先に差し出すんですね。

すると、世界が色鮮やかに見え楽しい世界が待っています。

その怖さの裏側にあるものを、しっかりと分かって腑に落とすと人生の流れは一気に好転していくということですね。

宇宙の法則はそこんところを決して見逃しませんよ。

恥ずかしいこといっぱいしましょ(^^)

めっちゃ加速しますよ〜!

だからと言って、目の前のチャンスを全部モノにしようとしないことです。

チャンスはいくらでもやってくるというのが真実ですから。

チャンスがなくなるという怖れ。

それすらも、手放すことが出来れば、世界が色鮮やかに見え、全ては完璧だということに必ず気が付けます。

引き寄せたチャンスを全部掴もうとすると全部逃げていく理由目の前にやってきたチャンスを全部掴もうとすると、全部掴めないというオチが待っています。 僕はチャンスを掴むことに貪欲になりすぎて苦...