引き寄せの法則

引き寄せの法則が超加速!怖れ探しの達人から脱却する方法

引き寄せの法則や潜在意識を上手に活用しようとすると、どうしても邪魔なものが出てきます。

邪魔なものとは「怖れ」です。

例えば、こんなこと、ありませんか?

うまくいかないことがあって、すぐに「何を恐れているんだろう」って考える。

そして、不安の元となる「怖れ」を見つけることで安心する。

こういうのってすごく邪魔だと感じることってあると思うんです。

当記事では、こういった怖れ探しの達人から卒業して引き寄せの速度を上げるコツを紹介していきます。

怖れ探しの達人をやめてみよう

怖れに安心を抱けば、怖れは自分の中から消えていきません。

なので、内側から光ることが大切になってきます。そうすれば、怖れは初めて自分の味方になります。

その具体的な方法の前に・・・。

「怖れ探しの達人」がいます。

僕が引き寄せの法則や潜在意識について、誰かと知恵を分かち合っている時に大事にしていることがあります。

それは「怖れ」でストップさせないことです。

  • うまくいかない
  • 行動できない
  • 変われない
  • 頑張れない

その理由を「怖れ」のせいにしてストップしてしまわないことです。

怖れ探しには中毒性がある

なぜ、怖れでストップしてしまわないようにしているのかというと「怖れ探し」には中毒作用があるからです。

アルコール中毒と同じように、自然と自分の中に染みつき、癖になると、それがやみつきになって怖れをどんどん探して生み出すことになります。

引き寄せの法則や潜在意識では「ない」ものに意識を向けるのではなく「ある」ものに意識を向けて、欠乏感を無くしていくことが大事なことです。

意識を向けているものが大きくなり、現実となっていくからです。

なので「ない」に意識が向いてしまうのをやめるために「掘り下げる方法」や「具体化する方法」を学ぶのが有効的です。

しかし、気が付けば「ない」を生み出している「怖れ」を見つけると安心することに気づく。

そこからまた、気付けばどんどん「ない」を生み出しては「怖れ」を見つけることに安心感を抱く・・・。

これは、本当に陥りやすいポイントです。怖れ探しのダークサイドなんです。

怖れを消そうとするのではなく自分の光を灯す

もちろん、人にはそれぞれタイミングがあります。

  1. まずは、癒やしを最優先している人
  2. 癒しがもう完了し、次のステージに行く人

という感じで、人によって段階があるため、コーチングしていく時は、おおまかに分けていくのですが、これだけはいつも忘れないようにしていてください。

「僕たちは、何かをしに来ているし、何を出来るのか、確認しながら生きています」

あなたの「怖れ」を癒すものは、怖れに対してハグしてあげたり、優しく寄り添ってあげたりすることではなく、あなた自身が内側から輝いてしまうことなんですね。

だからこそ、もし自分が「怖れ探しの達人」になっているのであれば、そろそろ卒業して、次のステージにあがると、少しばかり意識を変えてみてください。

では、次のステージへ。

次のステージに恐れがないか?と言われれば、それはYES&NO。

答えはないんですね。「YES」でもなく「NO」でもない。逆に言えば、「YES」でもあるし「NO」でもある。

ここらへんは引き寄せの法則などで

  • 過去と未来の不在
  • 常に与えたいものを引き寄せている

なんてことを知っていくと、身についてくる感覚ですので、頭で理解しようとしなくてもOKです。

怖れを手放すことを怖れていませんか?

本当の意味で「怖れ探し達人」から卒業すると、自分の世界の中に占めている「何かを避けたいという怖れ」の効力が一気に弱まってしまうことがわかります。

そもそも「怖れを手放すことを怖れている」ということもあり得ます。

実は「怖れ」ているのではなく「やりたいことを、やっていない自分」を認めるのが嫌で嫌で仕方ない。

または、怖れを手放すと、言い訳が無くなってやらなきゃいけなくなっちゃうから面倒だ。

などの要素が怖れをもたらしていることだってあるのです。

「やりたいことをやっていない」のは「怖れ」ているからのように見せかけて、実は違うんだよ~ってことも分かってくるかもしれません。

言ってしまえば「やりたいことをやらない理由を怖れのせいにして安心しないこと」です。

もっと言うと「あなたは無条件にやりたいことを、やりたいようにやってもいいんだ」というのを早く認めることです。

決して怖れのせいにしてちゃダメですよ〜!と、否定しているわけではありません。

ちょっと勇気をもってやりたいことを少しずつやってみようよ〜!ということです。

好きにやっちゃおう!

条件とか理由とか目的とか、そんなもんはいらないので好きにやっちゃおうよ!

ということです(^^)

そんでもって、僕がいつも「あ~、めんどくさい」「うー、気が進まない」と思ってしまう時。

あえて選択する方法が一つあります。

それは「5分だけやってみて、気が乗らなければやめる」です。

何かをやる時。やりたいことをやりたいんだけど気が乗らない時。

うだうだ言わずに、息を止めてでも「まずは5分だけ」やってみます。

気が乗らない、と思えばすぐやめます。例えそれがどんな大事なことでも、やめます。

そんな「やりたくない」エネルギーのままで何かを残したくないから、まずは落ち着いて気分転換します。

昼寝をしたりお酒を飲んだりします。

でも、まずは5分やってみようと思って手を動かすと、あれ?なんかいけるかも!?と気が進んでしまうこともあります。

一番しんどいのは、「やるか、やらないか、で迷い続けている時」です。

だから、やりたいことをやろうとしてもなかなか動けないという人は「毎日5分だけ手を動かす」ということを意識してみてください。

そこで、やめちゃっても、気を落とさず自分を責めずに、ね(^^)

僕なんて、いろんな事「やめて」きています!笑

でも、だから色んな事を始めることができました。

そして、これからまた色んなことを「やめて」いくと思います。また、新しいやりたいことをやるために。

そうやって軽やかに生きていると楽チンですし、ものすごいスピードで引き寄せが起こっていきますよ。