セルフイメージ

自己肯定感が半自動で強制的に高まる2つのエクササイズ

当記事では、自己肯定感が半自動で強制的に高まる2つのエクササイズについてご紹介します。

「自己肯定感が低くて生きづらい」という悩みを抱えた事はありませんか?

「色々やっていることがあるものの、どうも自己否定を繰り返してしまう…」

僕も、そんな悩みを抱えていました。何かをやっても自信がなくなり無力感だけが残って終わり。このパターンに入るとキツイですよね。

人生の幸福度は「自己肯定感」で左右されます。

この自己肯定感という課題をどう解決すればいいのか?

最初に言っておきますが、一瞬で解決できる特効薬はありません。

しかし、毎日の習慣に些細なエクササイズを設置しておけば、自己肯定感を上げる事は可能です。

自己肯定感が低く自己否定を繰り返している人でも、エクササイズ次第で50点~90点に高める事ができます。

ちょっとした些細なエクササイズを知っているか知らないかで、大きく差が出るのが自己肯定感です。

僕は20歳の頃から約14年間、人生の幸福度を高めたり、願望実現の研究をしてきました。

その中で「自己肯定感を高めるならこれが効く」というエクササイズを厳選してみました。

10個も20個もあると、取り組めなくなると思うので、僕が実践した&クライアントにも実践してもらった中で最も効果があった方法を2つに厳選してご紹介します。

それぞれ具体的なやり方をご紹介しています。

自己肯定感を高めるには、かなり効果的で僕自身もかなり体感のあるエクササイズなので、記事を読むだけで満足せずに、実際に取り組んでみてくださいね!

自己肯定感が低いのは「減点法」の環境のせいです

世界各国と比較して日本人の若者の自己肯定感が低いと言われています。

こんなに豊かで何でも手に入りやすく物理的な幸福度が高いはずの日本なのに、なぜこんなことが起きてしまうのでしょうか?

どれだけ物理的な幸福度が高くても、幸福度は心が決めるもの。

なので、自己肯定感が低いと幸福度が低くなりますし、人生の質も低くなってしまいます。

自己肯定感の低さは若者に原因があるわけではありません。

なぜなら、若者は大人に影響を受けて育ちます。なので間違いなく大人が原因を作っています。

つまり、大人の自己肯定感の低さが連鎖しているわけですが、大人が悪いとは言えないんですよね。

真の原因は、生きているだけで自己肯定感が低くなる社会の風潮が原因だと僕は考えています。

みんなが首を締め合うような風潮など要因はいくらでも考えられますが、一番の原因は「減点法」にあります。

例えば、何かに失敗したら

  • ここがダメだったとダメ出しばかり
  • 自己否定を迫られる

ことが世の風潮です。

決して、チャレンジしたことに対する勇気を賛えられることはありません。

また、上手くいったとしても

  • ここが足りない
  • もっと上を目指せ

など、成果を認めたり褒めることをせずに、減点法の世の中になっています。

誰も褒めてくれない。誰も認めてくれない。人に厳しく自分に厳しい社会。

めちゃくちゃ窮屈じゃないですか?

こんな環境で生きていたら自己肯定感を高めることはなかなか難しいです。

とはいえ、そんな社会の風潮を変えるのはものすごく大変。

しかし、自分への接し方や自分の見方は自分で変えることができます。

つまり「加点法」で生きれば、自己肯定感が高めることができ、環境さえも変えることができてしまうのです。

その方法が2つあります。

自己肯定感を半自動で強制的に高める2つのエクササイズ

自己肯定感を高めるためのエクササイズを2つに厳選しました。

  1. 寝る前に「今日一日にできたことリスト」を5個書く
  2. 誰かを褒めて褒めて褒めまくる

2つのエクササイズをやって自己肯定感が高まらないことはないと断言できるほど、超強力なワークです。

詳しいやり方を一つずつ解説します。

1:寝る前に「今日一日にできたことリスト」を5個書く

「今日一日にできたことリスト」を書くことで、自分の意識を自己肯定モードに書き換えていくことができます。

誰も褒めてくれない世の中です。自分のことを自分で褒めていくことを習慣化していきましょう。

そして、寝る前にやるのがキーポイントです。

なぜ寝る前が良いかというと、寝る前は脳波が落ちていき、自分が意図したことを潜在意識に刷り込みやすいタイミングなのです。

そのため、寝る前に自己肯定感が高まることを考えたり感じたりすることで、潜在意識レベルから書き換えやすいのです。

潜在意識の特徴を上手に活用すれば、自己肯定感を高めやすいです。

「今日一日にできたことリスト」の書き方

自己肯定感を高めるために「できたことを書きましょう」と言うと、多くの人は何か立派なことやスゴいことを書かなければいけないと勘違いしてしまいがち。

しかし、その必要はありません。些細なことでOKです。些細なことを書き出すだけでも、十分に自己肯定感は高まっていきます。

例えば・・・

  • 今日はいつもより丁寧に歯を磨けた
  • 目覚まし1回で起きれた
  • 食事の時にいつもより噛む回数を多くできた
  • 掃除をした
  • ゴミを出せた

などの日常の些細なことで構いません。最低5個書き出しましょう!

もっと書ける場合は、もっと書くとより効果的です。

書くことで自分ができたことを把握でき「意外と自分ってやれてるじゃん!?」と認識することができます。

そして、今日一日でできたことを思い出し、じっくり感情を味わってみてください。

さらに、できた自分をしっかりと褒めてあげてください。

毎晩欠かさず続けると、どんどん自己肯定感が高まり幸福度が高くなっていきます。

5分もあればできることなので、ぜひ取り組んでみてくださいね!

余談:オカンのうつ病が良くなった

僕のオカンがかなり重いうつ病で毎日ほぼ寝たきりで過ごしていました。

そこで「今日一日にできたことリスト」を一緒に書くようになってから、みるみる良くなっていったんですね。

気分が落ちている時や自己否定している時の自分のモードは、自分のできていない部分ばかりにフォーカスして、どんどん自分を追い込んでいくので苦しくなるのです。

そこで、自分ができていることを数えるように思考のフォーカスを変えていくと、間違いなく変わっていきます。

2:誰かを褒めて褒めて褒めまくる

1つ目のワークは自分を褒めるためのワークです。

2つ目は誰かを褒めるワークです。やり方はとても簡単で、とにかく他人を褒めまくる。しっかりと言葉にして届けるだけです。

自分の普段の姿を振り返ってみると、他人を褒めることをなかなかしていない人が多いのではないでしょうか?

思っているだけではなく、しっかりと言葉にして届けることを意識してやってみてください。

目的は2つあります。

  1. 良いところを見つける思考のクセが身につく
  2. 褒められる環境を作る

良いところを見つける思考のクセが身につく

自分の良いところは自分ではなかなか見つけるのが難しかったりしますが、他人の良いところは見つけやすいですよね?

他人の良いところを見つける・数えるようにしていると、自分の良いところに気づきやすくなっていきます。

すると、今まで自己否定を多くして微妙な自分ばかりに焦点が合っていたのが「あれ?これって私もできてない?意外と私ってやるじゃん♪」というように、自己肯定できるケースがたくさん見つかるようになります。

他人を通して自分の良さに気づく。他人が鏡となるので、ものすごく効果的です。

他人をよく観察して「すごいね!」「よくできたね!」などと他人を褒める習慣を取り入れてみてください。

自分を見る目がどんどん変わっていきます。

褒められる環境を作る

日本は自己肯定感が低いとデータで発表されています。

一方で日本より自己肯定感が高い国がたくさんあります。

僕はこれまで世界55ヶ国旅してきましたが、自己肯定感が高い国の人たちは些細なことを褒め合う文化が本当にすごいんです!

これは自分の目で見て確かめてきた事実です。

僕はそこまで英語ができなかったり、日本では当たり前の気遣いをしただけで

「good!!」「beautiful!!」「big surprise!!」「nice idea!!」

など、大げさすぎないかい?と思うほど、些細なことでも褒めるのが習慣的というか当たり前にやっている姿を目の当たりにしてとても驚きました。

「何だか自分がスゴい人のように感じてくる。自分を肯定しないのが無理。笑」

という不思議な現象が起きます。

これは、その場にいると実感するのですが、めちゃくちゃ気持ちいいんですよね。やっぱり褒められるのって嬉しいじゃないですか?

そして、褒めてもらえたら褒めたくなるじゃないですか?

褒め合う環境にいたら、自己肯定感が高まらない理由がないんですね。

ちなみに、他人を褒めている数が多い人ほど褒めらる数が多くなるという法則があります。

なので、めっちゃ下心満載かもしれませんが、相手を褒めると自分に返ってくるんですよね。

相手を褒めまくれば自分も褒めまくられる。

この法則を逆手に取って、まずは他人をたくさん褒める。すると、自分が褒めまくられる環境が作られます。

自分の自己肯定感を高めることもできるし、他人の自己肯定感を高める人物になれます。

めっちゃ最高じゃないですか?めっちゃ良い循環じゃないですか??

そうやって生きていると、めちゃくちゃ前向きになりますし、人間関係もめちゃくちゃ良好になります。

良い人にしか囲まれなくなるので、自己肯定感を高めながら最高な人生を歩んでいくことができます。

まとめ

自己肯定感が高まるワークを2つご紹介しました。

  1. 寝る前に「今日一日にできたことリスト」を5個書く
  2. 誰かを褒めて褒めて褒めまくる

めちゃくちゃ効果的なので、ぜひ今日から取り組んでみてくださいね!