潜在意識

潜在意識のブレーキを外して自由自在な達人になる前に知っておくべきこと

「潜在意識のブレーキを外して自由になっていくためにはどうしたらいいか?」

というご質問をよく受けることがあります。具体的には、こんな感じの質問です。

「自由な時間とお金を手にして生活したいんです。なので、どのようにすれば、潜在意識にそれがインプットされるのか?」

と。

すごく分かります。僕も同じように強く思っていた過去があるからです。

これは、具体的な方法のお話の前に、まず一つ大きな勘違いを解いておく必要があります。

そうしておかないと、どんどん自由という言葉に縛られて不自由になっていくからです。

また、自由になっていっても不自由を選択していってしまうという可能性があります。

究極の自由とは不自由を楽しむこと

まず「本当の自由」とは「何も無い」ということが真実なんですね。

何かがある、手にしている、持っているという視点は、それだけでも「有限」の世界です。

だから、何かを手にしている、持っている状態というのは「本当の自由」であるとは言えません。

つまり「自由」を得た瞬間に「必ず不自由になる」ということです。

自由であることを求め、自由になったところで、自分の不自由さが痛いほどわかってくるのです。

なぜなら、自由には終わりがありません。

そして、自由に執着していることほど不自由というのも真実です。

だからこそ、あなたの周りの自由な人や輝いている人、うらやましいなぁと思う人をじーーーっと見てみてください。

果たして、彼らは本当に自由なのでしょうか?

答えは「NO」です。

彼らは「自由になった後に、再度自分の不自由を選んでいる」んですね。

言葉を言い換えると「不自由さを楽しむ余裕を創っている」ということです。

自分の思考から解放されていくことが真の自由

少なくとも、僕の知っている周りの友人、先輩、クライアントなどの精神的にも経済的にも時間にも自由な人は

「選ぶことが出来る自由がある」つまり選択肢がだけであって「何を選んでいるかどうか?」はまた別の話としています。

みんな忙しい人たちだし、みんな常に何かを情熱的に活動しています。

だからこそ、自由とは、時間やお金や物理的な制限から解放されることではなく

「自分自身の思考からの解放」

が自由なんだということです。

でも、自由になりたいと願う多くの人は、何か条件のようなものを設定し、その条件を満たさなければ自由じゃないと定義しています。

しかし、本来は、ルールも、定義も、そして条件もなく、誰でも持ち得ることなのです。

それに、誰でも本来、自由を持っている状態なのですが、それをいつの頃からか忘れて生きています。

というよりも「不自由の方が楽チン」だと実はどこかで思っています。

自由はしんどいことだとどこかで思っていませんか?

自由というのは、自己責任とセットです。

そのため、自由には自分への責任がついてきますし、自分で全てを精査して決断し、選択していく必要があり、答えがないので苦しくなる人もいます。

そして、自由という領域は、本当に自由なので、自ら進んで選んで

「文句タラタラな現実を生み出す」

こともよくあることなのです。

こればかりは、無意識なので「なんて不自由なんだぁ〜〜」と言いたくなることもあると思います。

ですが、潜在意識に自由をインプットする、自由を引き寄せるための何かをするよりも、まずは

「なぜ、自分が自由を感じないようにしているのか?」

と向き合ってみるといいかと思います。

自由が苦しいと思っているとブレーキがかかる

  • 自由は苦しいもの
  • 自由はツラいもの
  • 自由は怖いもの

など、自分でも気づかないレベルで、自由に対する思考のブレーキがあるものですが、それが不自由さを生み出す原動力となっています。

なぜなら、自分にとって不自由であることの方が都合が良いからです。

だからこそ、改めて自分に問いかけてみてください。

自分にとって、自由を手にすることで幸せになれるのか?

それとも自由を手にすることで苦行を強いられるのか?

豊かさとお金を雪崩のように引き寄せる自分になるための潜在意識活用術多くの人が抱える豊かさとお金を引き寄せられない葛藤やジレンマの原因。 それは「何かをさせられている感覚」が潜在意識にこびりつくこと...