潜在意識

95%の潜在意識を達人レベルでマスターして思考・考え方を無理なく自然に変える方法

当記事では、潜在意識を活用した無理なく自然に思考を変える方法についてご紹介します。

「自分の顕在意識を変えても意味が無い」ことについて触れながら「どうやったら自然と思考が変わるのか?」を綴っていきます。

  • 「思考を変えよう!」
  • 「意識を変えよう!」

という言葉は、よく聞いたことがあると思うんですよね。

そうは言っても、いくら意識したって、それがうまくいかないからどうしたらいいんだ?ってことありますよね。

「こう考えた方がいいとは思ってる。」・・・、けど出来ない。

「こう考えたら楽だと思ってる。」・・・、けど出来ない。

そういう状態になればなるほど、板挟みみたいな状態になって、胸がぎゅーーっと苦しくなってしまうことはないでしょうか?

思考を変えるには、思考を思考で変えようとするのではなく、先に現実を変えるのが早くて楽チンです。

理由とやり方を具体例を挙げながらを解説します。

思考が変わるメカニズム

「思考」は、95%以上の「意識していない思考」によって支えられています。

これが潜在意識ってやつです。

ああだ、こうだ考えて「ブツブツブツブツブツブツ」と、頭の中で聞こえてくる声も潜在意識の力です。

浮かんでは消えて、浮かんでは消えてを繰り返している。これも潜在意識です。

あなたが、キャッチできる意識は「とりあえず、今、表面化した5%程度のもの」だけなんですね。

逆に、キャッチできる5%程度の思考は顕在意識です。

思考を変えるというのは、いわば潜在意識からゴロッと変えるということ。

しかし、とても厄介なのが、顕在意識よりも潜在意識の方が何万倍もパワーが強いので、自分が把握できる顕在意識で思考を変えようと思っても難しいのです。

思考によって思考は変えられない

ここで一緒に考えてみましょう。

果たして、思考によって思考は変えられるのか?

つまり、自分の今の考え方を新しい考え方を入れることで吹き飛ばすことは出来るのか?

ということです。

「古い思考」VS「新しい思考」のバトルスタート

今の思考から持ちたい思考に変えようと、古い思考を新しい思考に上書きするようにねじ込もうと頑張ります。

猛烈に新しい考え方をプッシュしまくると、やや新しい思考が優勢に!?

イケイケドンドン!新しい思考頑張れ!!もう少しで変えられるぞ!!!

と、頑張るのですが無理なのです。

古い思考は新しい思考によって変えることができません。

「Aという考えを、Bという考えに上書きして変えよう♪」

と、引き出しを整理しよう的なノリでそれが出来たらどんだけ楽なことか。笑

その理由は先述した潜在意識の強さです。思考を作っている5%の顕在意識、95%の潜在意識という構造です。

思考を思考だけで変えることがどれだけ難しいかを分かりやすく表現すると、5人の幼稚園児が95人のプロ格闘家にケンカに挑んで勝つくらい難しいことなんです。

自分が認識できる思考はたったの5%

今の自分が認識している今の自分の思考は、表面上にあるたったの5%程度の力なので、変えるのは簡単だろうと思うのは当然です。

残りの95%の根っこが見えていないからです。

だからこそ、思考を変えようと思って取り組んでみると「あれ?なんかムズくない?」となるわけです。

思考を変えようと、あがくだけあがいて、もがくだけもがいて結局何も変わらない・・・

「ちーん。。ダメじゃん。。。元に戻るじゃん!」

というのを経験してしまうのです。

じゃあ、どうしたらいいのか?今の苦しみを生んでいる考えをどうしたら手放せるの?

ってところが気になるポイントですよね。詳しく解説します。

現実が思考を変えるから先に現実を変える

「思考」は「現実で起きること」によって変えられます。

つまり「現実によって思考が変えられる」ということ!

5人の幼稚園児が95人のプロ格闘家にケンカに挑むような無謀なことはしなくていい。

思考で思考を変えるよりも簡単で楽なんですね。

潜在意識や引き寄せの法則をたくさん勉強している人はこう思うでしょう。

「え?現実を変えるために先に思考を変えるんじゃないの??思考が現実化するって言うし・・・」と。

そう思うかもしれませんが、これは逆なんです。

先に体験してしまうのです。先に体験した方が思考を変えるエネルギーが大きく働くのです。

具体例を挙げます。

よく分からないけれど自転車に乗れちゃった子供時代

子供の頃に、自転車に乗る練習をしましたよね?

その時って、自転車に乗れるようになるために先に思考を変える努力をしませんでしたよね?

今のままでは自転車に乗れる思考じゃないから、自転車に乗れる思考に変えよう!なんて努力をしなかったと思うんです。

「何か分かんないけど、たくさん失敗してたら乗れるようになっちゃった!」

「あれ?どうやって乗れたんだっけ??うまく説明できないけど、乗れるようになっちゃった!」

と、思考が後からついてきていたはずなんですよね。

失ってはじめて気づく大切なこと

例えば、失恋。

付き合っている時は頭の片隅では分かっているつもりだったことが、相手を失ってはじめて

  • 「あの時〇〇しておけば良かった」
  • 「考え方が間違っていた」

と、現実が変わってはじめて思考が変わる経験をしたことがあると思います。

一度経験すると自然に変わるのが思考

多くの人は、頭で理解をして納得してから変えようと取り組み始めますが、今までの人生を振り返ってみると逆であることがほとんどです。

「やってみて出来ちゃったから、思考を変えざるを得ないよね?そうだよね??私の脳ミソちゃん???潜在意識ちゃ〜ん????」

という順番なわけです。

×理解⇒行動⇒変化
○行動⇒理解⇒変化

という科学的なメカニズムなんですね。

目の前の問題は「今いるステージ・今の考え方から移動しようね」というサイン

予期せぬことが起こるのも、突然問題が起こるのも、いきなり追い込まれた感に迫られるのも、ある意味で異変です。

この異変というのは、今までとは違う思考回路を形成するために起きてくれていることです。

つまり「そこまで現実くんが動くんやったら、そろそろ変わろうかいな?」と、潜在意識が働いてくれて、現実から変えようとしてくれるのです。

それこそが潜在意識の力です。

目に見えないところで「表面の思考」を変えるために、現実は変わりゆくものだということ。

目の前の問題はあなたの思考を変えるために起こってくれているのです。

「痛いなぁ〜」と感じることは、次のステージに確実に移行中ということなんです。

そして「もう現実が変わっているのに、いつまで古い考え方に執着しているわけ?早く次に行こうよ〜」という潜在意識からのお知らせなのです。

「環境」を変えてみよう

あなたが今どれだけ納得のいかない思考を持っていても、「自分はダメダメだ」と責めることに必死でも、いくら頭で変えようと思っても思考で思考を変えるには限界があります。

じゃあ、どうすればいいか?

それは「環境」を変えることです。

環境を変えることで思考はスパーーンと変わってしまいます。

それが、潜在的に持っている「同調」の力なんですね。「波動」という言葉の方が伝わりやすい人もいるかもしれません。

まずはリラックスできる環境を整える

「人生を変える3つの方法」として環境を変える具体策で

  • 住む場所を変える
  • 付き合う人を変える
  • 時間の使い方を変える

という話を耳にしたことがあると思いますが、それだけでは少し浅いので、補足しておきます。

どんな補足かというと「思考が変わる準備」をすることです。準備というのは「リラックスできる環境」を整えること。

リラックスしていないと、思考を変えることが出来ないのです。

緊張状態で自分の考え方を変えても何一つ潜在意識には届きません。

ですが、リラックスした状態だと・・・?

「変える」以前に「変わる」自分に出会えます。気分転換とはまたちょっと違います。

何か問題や困難にぶちあたった時。また、それに対する思考が止まらなくて苦しい時。

「なんで、こんなこと考えちゃうんだろう?」

という時は、自分の思考を変える前に、思考が変わるような状態を作ってみましょう。

僕の場合はとりあえず自然の多い場所に行きます。無条件に落ち着くからです。そして、そこで何もしません。

ぐるぐるぐるぐる、歩き回って何もせずに、帰っていきます。

まずは、状態を整える。すると後から「変化した思考」が出てくる。

「もっとこういう風に、考えてみよう」と思える。

「すべき、せねば」ではなく。自然と自分の心に寄り添った変化なのです。

今では、多くの人の「思考」に触れる機会が多いですよね。SNSを見ていたらキリがないですよね。

敏感な人にとってはしんどいこともあると思います。

でも、これからやってくる未来のために、潜在意識はまず「思考」を整えようとします。

まず「思考が、その未来についていけるように」と見えないところで変化を起こしてくれます。

突然の変化、別れ、決別、離婚、結婚、出会い、喧嘩・・・。いいこと、わるいこと・・・。

全て自分の思考を変更する時期におこるのです。

でも、そのほとんどは「その時にはわからないもの」なんです。

つまり、その瞬間には何が起こっているのかが分からない。

分からないからこそ新しい「考え」を身につけようと身体が動くんですよね。

これも、潜在意識からの優しくて、そしてちょっぴり冷たいあなたへの応援なのです。

潜在意識は不器用なんです。

色んなことが起きたり色んな幻想がチラチラする。それはそれで、「もっと幸せを体験するための思考の転換」なだけです。

なので、思考を思考で変えるよりも環境や状況から変えるということをしてみてくださいね。

自然の中に身を置く。知らない人に会える場所にいく。

旅なんかは最高ですね!

まとめ

こんなことを知っていると、現実をガラガラッと変えていくのは決して難しいことではないんです。

僕は、そういう技術を体得しているので、変わるスピードも物事を引き寄せるスピードもサクサクっとサイクルが早いです。

この辺の具体的な方法論や実践方法はメルマガを取ってみてくださいね。

スパーーーンっと抜けるような感覚を味わえると思いますし損はしないと思います。