セルフイメージ

自分を信じる力(自己信頼)を高める&深める2つの方法

自己肯定感を構成する7つの力の4つ目。

「自分を信じる力(自己信頼)」

について綴っていきます。

自分を信じる力(自己信頼)とは?

失敗や挫折経験によって自分を信じる力が低下すると、思い込んでいるケースが多いですが、実は違います。

自分を信じる力が低下する原因は「自分へのウソや言い訳」です。

失敗や挫折経験を積み重ねると、自分を信じられなくなっていくのではありません。

失敗や挫折によって得られる光よりも、不安や怖れに目を向けるようになり、自分に対してウソや言い訳をしていくようになるのが根本です。

ウソや言い訳が多い他人を信頼できないように、自分にウソや言い訳が多いと自分を信頼できなくなってきます。

自分を信頼できなくなってくると消極的になるので、行動が鈍ります。行動が鈍ると流れが滞って濁ります。

濁ってくると、光が見えなくなるので、何かチャレンジしても諦めがちになります。

あと一歩、歩みを進めれば出来ることなのにも関わらず、諦めを選択し続けるスパイラルに入るので、当然、自信を失います。

そうやって自己肯定感が崩壊するシナリオを作り上げていくのです。

また、自分を信じられなくなるので、他人の意見や反応、基準を軸に置くようになり、迷子になってしまうんですね。

また、完璧にやらなければ実行しなくていいという逃げ道として、完璧主義の仮面を被ったり。

やりたいことを見つけなければチャレンジしなくていいという逃げ道として、やりたくないことが分からないふりをしたり。

複雑な問題(幻想ですが)が絡み合ってくるんですね。

この負のスパイラルの根本に「自分へのウソや言い訳」があります。

自分を信じる力(自己信頼)を高める&深める方法

自分を信じる力を高める&深める方法は2つです。至ってシンプルです。

  1. 自分へのウソを無くしていく
  2. 自分の価値観に従う

たったこれだけで、自分を信じる力が大きくなっていきます。

一つずつ見ていきましょう!

1:自分へのウソを無くしていく

本当にシンプルです。自分へのウソをできる限り排除していきます。

些細なことから大きなことまで、大人になればなるほど、人は知らぬうちに自分へのウソが上手になっていきます。

  • 本当はやりたいことがあるのに我慢
  • 行きたくもない飲み会に行く

など、数えてみると絶望するほどのウソが出てくるのですが、フタをして生きることが多くなります。

そして、小さなウソに対して「ま、いいか」と見て見ぬ振りをしていると、自分についているウソが麻痺し、ウソをついている感覚が薄れていきます。

すると「自分のことが分からない」状態になっていきます。

すると、自己肯定感を構成する自己理解力自己受容力が低下するばかりか、自分のことが嫌いになってしまうため、自己肯定感もガクッと落ちやすいです。

そのため、自分へのウソはできる限り無くしていきましょう。

自分の事を少しごまかしながら

「ま、いいか」

の世界で生きる方が楽な道だと思っている人も多いのですが、実はこの道はとてもしんどい道です。

人生の中から「ま、いいか」を無くしていった方が気分が良いですし、どんどん好転していくのでとても楽なんですね。

「ま、いいか」

を選びがちな場合は、ぜひシフトされてみてください。

また、自分にウソをつかないために、他人にウソをつくのはどうなの?自分にウソをついていることにならないの?

と思われるかもしれませんが、これはケースバイケースです。

例えば、自分の仕事が終わったら早く帰りたいけど、周りの人が仕事しているから何となく残っていたとします。

この場合は、早く帰りたい自分にウソをついて早く帰らないという選択をしていますよね。

でも、自分だけ早く帰ると、周囲にどう思われるかという怖れに負けてしまって早く帰れない。

そんな時は自分を貫くために、多少のウソも必要と考えています。

他人を傷つけたり迷惑をかけるようなウソじゃなければ良いのでは?というのが僕の主張です。

  • 合コンがある
  • 親戚の子供の面倒をみなきゃいけない
  • 生命保険の相談予約がある

など、他人に可愛いウソをつきながらでも、徐々に早く帰るようにすれば、少しずつ怖れを手放せたりします。

2:自分の価値観に従う

自分の価値観を持っていない場合は、今から作って積み上げていきましょう。

自分の価値観=自分のルールみたいなもので、会社で言えば理念やクレドみたいなもので、大切にしたいことや指針、目的、ミッションなどが明確になります。

自分の価値観が明確になると、自分軸がガッチリ安定するので、他人に振り回されることが激減します。

自分の価値観がないと、他人に振り回され続けるので、自分不在の状態で人生が進んでいきます。

また、自分が大切にしたいことがあるのに、大切にしてあげることができないと、自分を裏切る行為になるため、自分を信じる力が低下していきます。

まとめ

自分を信じる力はとてもシンプルです。

でも、めちゃくちゃパワフルで、奥が深いものでもあります。

【1】自分へのウソを無くしていく
【2】自分の価値観に従う

とにかく小さなことからコツコツと自分との信頼を構築していきましょう!